藤井四段新記録樹立

デビュー以来、公式戦29連勝し歴代1位の連勝記録となった、中学生棋士・藤井聡太四段。「藤井効果」と呼ばれるくらいの連日の賑わいを見せています。Abema TV で途中からリアルタイムで見ましたが、自分如きが言うのも何ですが、未知数の底力を感じさせる非常にしっかりした将棋を指しています。(余談ですが、自分はアマ五段の認定問題に合格しています)

東海地域に初のタイトルをもたらすのが目標と言っていましたが、それも時間の問題でしょう。これから各棋戦を勝ち上がっていけば、上位との対戦も増えていきます。そのトップクラスで揉まれながら、どれだけの成績を残していけるかが、これからの勝負だと思います。将棋界に一大旋風を巻き起こしている、藤井四段のこれからが楽しみです。

→藤井四段(1)

→藤井四段(2)

→藤井四段(3)

→藤井四段(4)

→藤井四段(5)

 

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

にほんブログ村


師子王の心

日蓮が弟子等は臆病にては叶うべからず
(教行証御書p.1282)

信心とは勇気の異名であることを端的に示された御文である。広宣流布の途上には難は必然である。余りに正しく偉大な妙法であるが故に、弘める実践者にとって難を避けることはできない。難を恐れていては信心を貫くことは不可能なのだ。

悪王の正法を破るに
邪法の僧等が方人(かたうど)をなして
智者を失はん時は

師子王の如くなる心をもてる者 必ず仏になるべし
例せば日蓮が如し

(佐渡御書p.957)

続いて上の御文は9月に行われる青年3級・初級試験の範囲にある部分である。その解説には、次のようにある。

彼らが大聖人を迫害するのは、正邪が基準ではなく、知者である大聖人の社会的立場が弱いゆえであり、王法の権力が強いことを恐れているからであると言われています。(中略)

まさしく末法における仏道修行とは、謗法が充満する社会にあって、たとえただ一人であっても、不惜身命の覚悟で法華経の正義を叫び抜く実践を貫き通すことにほかなりません。

この師子王の心は、創価の師弟の仏法の中にこそ厳然と存在する。実際に難に遭っても、恐れることなく乗り越えていく勇気みなぎる信心を、今日よりさらに磨き鍛えていく決心である。

 

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

にほんブログ村


創価村は酷く荒んでしまった

ブログ村サービスの幾つかのカテゴリに本ブログを登録している。その中の創価学会村カテゴリ(略して創価村)は、ここ最近酷く荒【すさ】んでしまったとの感慨を持っているのは、私だけではないと思う。とても胸を張って紹介できるものではない。とてもではないが、今の「創価村」にはリンクしたり誘導したいとは思えない。

「ダメ出し」「金を払って、聖教新聞をとらされている。云云」「フーテン」「半覚醒」「元バリ活の自分が・・云云」「創価学会を卒業します」「遊女」「正林寺」「ニセ本尊から解放」

「名は体をあらわす」というがざっと並べて見ただけでも、あるはあるは。名前や紹介文を見ただけでも「お里が知れる」というものである。その正体は、退転者や反逆者、学会に籍は置いているものの、学会指導についていけず批判を繰り返す内部退転者の類である。あるいは、なぜわざわざ創価カテに登録するのか理解に苦しむものばかりである。

なぜここまで創価カテは荒んでしまったのか。それは信心が有るか無いかが登録条件になっていないからである。学会とはまったく関係ない会社が運営しているブログ村であるから、当然といえば当然なのかもしれない。要するに何でもあり、であったとしても我慢して利用するか、または、どうしてもそれが嫌なら立ち去って見ないようにするか、あるいは、周りに紛動されず如蓮華在水で行くか、のいずれかである。深き信心で健筆を揮ってくださっている方々も厳然とおられる。要は賢明に取捨選択していく信心の眼力がこちらにあるかどうかだ。

以上の理由から、創価カテのアイコンを各記事から外すようになって久しい。今の創価カテに誘導してしまえば、もし信 弱き人であれば、簡単に紛動されてしまうかもしれないからである。「これが創価学会です」と紹介するには、創価村は余りにみっともなくて、とても紹介できるものではないということもある。これにより、創価村関連のアクセス数とランキングは大きく下がったが、最善の方法だったと確信している。

五濁悪世の世の中であるから、創価カテもその縮図となるのは自然なのかもしれないが、仮にも創価学会の名を冠している場である。「三変土田」とあるように、確実に浄化されることを祈るものである。

 

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

にほんブログ村