勝ってこそ歴史は作られる

27年前にわが町を初来訪された池田先生が、勤行会でスピーチされたご指導を、一部抜粋して紹介します。

 

 

勝ってこそ歴史は作られる

”仏法は勝負”であり、「勝つ」ことが正法の証明となる。また、勝ってこそ新しい「歴史」はつくられる。負け戦では道は開けない。負けることは、みじめである。都落ちし、壇ノ浦へと転落していく平家の哀れさ、悲惨さ。清盛なく、重盛【しげもり】なく、一族の柱を失ったあとで、だれも「勝てる将」がいない。そうした状況を描いた、あるドラマでは、一人の母親が、息子のふがいなさに、「お前をこんなに勇気のない人間に育てた覚えはない」と嘆くシーンもあった。しかし嘆いても、取り返しがつかない。

「勝つ」ことが、自分のみならず、一家・一族、周囲の幸福につながる。広布の前進においても、大法のため、大切な仏子のために、何としても勝ち抜いていかねばならない。火花を散らすような峻厳なる攻防戦を勝利せずして、どんなに活躍している格好を見せても、もはや遊戯にすぎない。「進んでいる」のではなく「踊っている」だけである。特に青年部に、このことを強く言っておきたい。生まれてきた以上、何の歴史も残さないで死んでいくのでは、寂しい。どうか皆さま方は、自分としての何らかの「勝利の実証」を、この人生で、晴れやかに、誇らかに示していっていただきたい。

永遠の金字塔を

もちろん「勝利」といっても、人生には、さまざまな段階がある。また、今は、苦闘のさなかの方もいらっしゃるにちがいない。それでよいのである。大切なのは「最後に勝つ」ことである。そのために、信心を貫くことである。野球も9回まである。途中までは、さまざまな明暗のドラマがある。途中の回まで、どんな姿であっても、9回の裏を終わった時にどうかが、すべてである。学校も小学校、中学校、高校、大学とある。途中までの成績も大切かもしれないが、やはり大学を卒業した時点での実力が、学びの時代の総決算となる。

そして私どもにとって、「最後の勝利」とは、一生成仏であり、広宣流布である。悪世での正法流布を誓って生まれた久遠の同志、御本仏の仏子の軍勢が、どこまで進むことができるか。我が地域に、どこまで妙法の不落の砦を築くかの戦いである。個人も、団体も、国家の盛衰も長い目で見なければわからない。そして私たちは、常に最終の勝利のために、根本の「勝つ原因」を日々、つくっているのである。ゆえに、私どもにとっては途中の一切が「幸福のこやし」になる。何ひとつ無駄はない。妙法は円教であり、「闕減(けつげん=欠けるところ)」がないのである。このことを確信していくのが信心の信心たる証である。

――抜粋ここまで――

 

ちょうどこの時、自分は初の折伏を決めた後に、職場でのいじめを受けたこと等により体調を崩し、帰郷後、遠方の病院に入院を余儀なくされていました。病院内で取っていた聖教で先生の御来苫を知りました。実は、神奈川から北海道へUターンする時に、私が折伏した友人から、「レオさんは、まるで都落ちですね」と言われたこともありました。理解されない悲しさが一瞬心に浮かびましたが、誰が何を言おうと断じて負けない! との強い思いだけはありました。私が難を受けたことにより、創価の道を歩み始めた友人も、難の余波をかぶることになり複雑な思いをさせたかもしれません。

ともかく、この時、人生最大のピンチにあった自分でしたが、このご指導を読んで、あたかも自分に頂いたご指導のような感を強くしました。例え、こと細かく自分のことを報告する人が1人もいなくても、「先生はすべて解ってくださっている」との感動を深くしました。ある意味、ここから我が人生の反転攻勢が始まる起点となりました。今に至るまで、度々、拝読し直して心に刻んでいます。人生の苦難に直面し、あまりにも孤独な戦いを強いられる時もあるかもしれない。しかしどんなに孤軍奮闘の渦中であったとしても、先生の一念に包まれて戦えていることを忘れてならないのです。

 

 

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村


夢は実現する!

夢はあたかも闇夜の北極星のようなもの。夢はカーナビゲーションに目的地をセットするようなもの、と私は考えている。

最近の若者に「あなたの夢は何ですか?」と聞くと、とても夢とは思えない答えが返ってくる。時には、夢そのものが無い、という若者さえ少なくない。

先行きの不透明さが増す現代は、夢も希望も持ちにくい時代なのだろうか。それとも、現代の人々には、現実が余りにも見え過ぎてしまっているのだろうか。

大学の研究者に聞くと、先が見える頭がよい人は研究には向かないそうである。
「こんなことをやったって無駄だ」
「こんな可能性の低いことを研究して、何十年を棒に振るのはご免だ」
と諦めが先に立ち、研究そのものがスタートできないからだ。

その意味では、97%ダメでも残りの3%にかけてみようと、何十年も持続できるには、先が見えない程度には頭の悪さが必要だというのだ。

企業において商売上の儲かる木も、最初の種の内は、上の例のようにわずかの可能性しか無いかもしれない。それでもそこに賭けてみてまず始める勇気、いざ始めた後も苦しくてもめげそうでも、成果をつかみ取るまで続ける根性が必要だ。ある意味、馬鹿になってやってみようとしなければできない。とにかく種を植えて肥料や水をやって育てなければ、ただ計算やシミュレーションだけをどれだけ繰り返しても、収穫は永久に得られない。

種を植える前のステップが夢見ることであるなら、この夢を見るということがどれほど大事なことか。例えば、今、あなたがこの文章を読んでいるパソコンについて考えて欲しい。パソコンというものがこの世に初めて誕生した時に、それはいつどこに出来たかご存知だろうか。

それは、「これこれこういうものが、あったらいいなぁ」と夢見た人の頭の中に、世界最初のパソコンが出来上がったのだ。あとはそれを現実化し商品にまでしていくプロセスが続くだけである。

大昔の帆船が、真っ暗闇の中でも北極星を目指して進んだように、そして目的地に無事到着できたように、夢は目的地に連れていってくれる。現代のカーナビゲーションが、目的地をセットするだけで、音声と映像により至れり尽くせりで案内してくれるように、どんな長距離であってもどんなに複雑な道順であっても、迷うことなく到着することができる。

「思考は現実化する」という有名な言葉があるが、「夢もまた現実化する」のである。そして忍耐強く一歩一歩あゆみを進めていけば、千里の道も行けるように、世のため人のため自分のためとなる夢はたいていの夢が叶えることができるのである。

レオ
(私が4年半前に書いた文章です)

 

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村


心の壁を取り払え!

既成概念    -きせいがいねん
固定観念    -こていかんねん
先入観      -せんにゅうかん

といった言葉がある。それぞれの意味はここでは省略するが、この3つとも、往々にして我々の行動を縛ることがある。特に環境の変化が大きい場合に、この3つにとらわれ過ぎると、適切な行動が取れず失敗を繰り返してしまいます。

既成概念とは常識です。常識的な発想の範囲から抜け出せなければ、変化に対応もできませんし、独創的なものを生み出すこともできません。

固定観念とは、知らず知らずの内に沁みついた経験です。物事を為すに当たって、勝手に決め付けている考え方、とらわれているクセです。

先入観とは、人や物事を見るに当たって、無意識にフィルターを通してみているのです。フィルターによって一定のバイアスがかかり、歪んだ映像を見ていることになります。先入観は、先に得た少ない情報にとらわれ、対象をありのままに正確に認知できていない状態とも言えます。

環境が大きく変化した場合、または自ら大きな変革を起こそうとする場合に、これら3つが障害物となって前進を妨げてしまうのです。町おこし において大きく力を発揮する存在は、

若者
ばか者
よそ者

と言われるそうです。なぜなら、こういう人たちは、上に挙げた3つの欠点が無いからです。

「若者」は、頼るべき経験がそもそもありません。「ばか者」は、時として足かせとなる知識も知恵も持っていません。「よそ者」は、その土地について無知で、余計なしがらみがありません。

つまりこの3者は、既成概念、固定観念、先入観に縛られることなく、自由自在に活躍しやすい素地があるのです。これは何も町の復興だけでなく、個人の行動にも言えることだと思います。

いかに私たちが、1つの行動を起こすに当たって、胸中に作ったそれら壁の前で、逡巡(しゅんじゅん)し諦めていることか。特に悲観的な傾向の人や、自己肯定感の低い人は、これら3つの壁も分厚く高い壁となって立ちはだかります。

諦めの習慣が身につくと、簡単にできることさえ不可能にしてしまいます。サーカス団に買われた子どもの象を思い浮かべてください。小象は杭(くい)につながれますが、そこから逃げようと何千回、何万回も杭を引き抜こうとします。しかし杭を抜くには非力なため抜けません。鎖が肉に食い込み、血が噴出すまで、杭を抜く必死の努力を繰り返します。

こうして成長した象は、小さな杭によってつなぎ止められています。抜こうと思えば簡単に抜ける大力があるにも関わらずです。

このサーカス象の例が、既成概念・固定観念・先入観というものに、我々がいかに縛られているかということに気付かせてくれます。では、これらの壁を打ち壊すものは何でしょうか。それは強い意志に基づいた楽観主義です。究極のポジティブ志向により、1つ1つの壁を崩し撤去する作業が必要です。それは希望を創り出す一歩一歩となるのです。

レオ
(5年前に私が書いた文章です)

 

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村


燃え尽き症候群の効用

 「燃えたよ……まっ白に……燃えつきた……まっ白な灰に……」

アニメ・あしたのジョーのラストの言葉だ。一般には「燃え尽き症候群」とは異常な疲労感と、目的の喪失を指すと捉えられがちである。しかし燃え尽きには何の効用もないのであろうか。それを少し考察してみたい。

燃え尽きるまでやり切ったということは、1つのことに長期間、徹底して全力で打ち込んだという証であると言えないだろうか。できることを全てやり切り、一点の悔いもない心境とも言えよう。

さらに燃え尽きとは、その仕事や事業、学業などの、ある意味で「卒業の時」とも言える。もうそのことに拘泥【こうでい】したり翻弄【ほんろう】されることもない。一定の距離を置いた自由な立ち位置から見つめ直すこともできる。必要に応じて新しいことのために、経験を使いこなしていくこともできる。

燃え尽きたというサインの最後の利点は、行動の再出発を可能とすることである。燃え尽きたということに悲しみ、落胆してはいけない。燃え尽きは今まで打ち込んで来た仕事の修了という1つの節目である。と同時に、新たな物事を始める再スタートの時なのである。

燃え尽きたと言っていつまでも落胆せずに頭を上げよう。  燃え尽きはゴールでは決してないのだ。あなたの目の前には、わくわくするような新たな冒険への扉が開いたのだ。ひとまず自分に、とびっきりのご褒美をあげよう。充分な心身への休養を取り、英気を養ったならば、また未知の航路に出発しよう。

レオ
(私が3年前に書いた文章です)

 
↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村


十四誹謗は功徳を消してしまう

・説明できることと、そのことを体現していることは大きな違いがある。

・説明できることと、実践していることは全く違う。

・言葉のやり取りだけが「声仏事をなす」のではない。相手を傷つけようとの心ない言葉が、仏の仕事であるはずがない。

・十四誹謗は厳に戒めていきたい。同志を謗【そし】ることは、魔に負けた姿であり、結局は自分を傷つけるのと同じであるからだ。

 

最近思ったことを箇条書きにしてみました。この十四誹謗はなかなかの曲者です。自分もちょっと油断すると、同志を悪く言う命が出てきます。常に、自分で自分を戒めていきたいと思います。次に、十四誹謗について、先生が指導された内容を紹介します。

 

■池田SGI会長の指導から

 日蓮大聖人は、松野殿が質問された「聖人が唱えられる題目と、私たちが唱える題目と、その功徳に違いがあるのでしょうか」(御書1381ページ)との疑問に対して、「違いはない」(同)とされたうえで、「ただし、法華経の心にそむいて唱えれば違いが出てくる」(1382ページ)と教えられている。
 その「法華経の心にそむく」ことを、具体的に述べたのが十四誹謗である。いいかえれば、十四誹謗がなければ、唱題の功徳は同じであり、計り知れないと述べられているのである。

 「松野殿御返事」では、妙楽大師の『法華文句記』の次の文を引かれて、十四誹謗を明かされている。
 「悪因には十四の謗法がある。一に驕慢【きょうまん】、二に懈怠【けたい】、三に計我【けいが】、四に浅識【せんしき】、五に著欲【ちゃくよく】、六に不解【ふげ】、七に不信、八に顰蹙【ひんしゅく】、九に疑惑、十に誹謗【ひぼう】、十一に軽善【きょうぜん】、十二に憎善【ぞうぜん】、十三に嫉善【しつぜん】、十四に恨善【こんぜん】である」(同)と。

 この『法華経文句記』の文は、「法華経譬喩品」の「若【も】し人は信ぜずして 此【こ】の経を毀謗【きぼう】せば 則【すなわ】ち一切世間の 仏種を断ぜん」(法華経198ページ)との有名な文を含む一節を釈したものである。法華経、すなわち「正法」への誹謗と、「正法を信じ行ずる者」への誹謗が、ともに地獄の因となることを明かしている。―――1990・12・3

           ※

 必ず所願満足の人生、永遠なる幸福境涯を、自然のうちに会得していけるのが、妙法の功徳なのである。しかし、その功徳も、信心いかんにかかっている。日蓮大聖人も「どのように法華経を信じていても、謗法があれば必ず地獄に堕ちる。それは、千杯の漆【うるし】にカニの足を一つ入れて、漆をだめにしてしまうようなものである」(1056ページ)と仰せである。どんなに真剣に、まじめに信心しているようであっても、謗法があれば、すべての功徳を消してしまう。それは、わずかの青酸カリでたちまち死んでしまうようなものである。

 御書には、悪の因をつくるものとして、十四の誹謗が挙げられているが、そのなかに「軽善【きょうぜん】」(1382ページ)、「憎善【ぞうぜん】」(同)、「嫉善【しつぜん】」(同)、「恨善【こんぜん】」(同)がある。信心している人を「軽んじ」「憎み」「ねたみ」「恨む」ことが、それにあたる。
 懸命に、これほど信心をしているのに、功徳が感じられないという場合が、あるかもしれない。そのときは、この四つの誹謗がないかどうかを、自分に問うてみていただきたい。軽善、憎善、嫉善、恨善の人は、自分で自分の功徳を消してしまうからである。

 もちろん、同志に対しても、言うべきことをきちんと言っていくことは自由であるし、当然、必要なことである。しかし、相手を思って厳しく言うことと、憎しみの心や恨みの言葉は同じではない。その点はよくよく見きわめていかねばならない。御本尊のもとに集い、広宣流布に進んでいる私どもは、すべてが仏子であり、“妙法の家族”である。―――1990・2・20

 《『輝きの人間世紀へ ~御書とその心』のp.107~108/池田大作著/聖教新聞社》

 

 

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村