宇宙ステーション/先生の童話

最初の動画は、国際宇宙ステーションISSから見える、地球のライブ映像です。ライブですから、現在の地球の様子がリアルタイムで送られて来ます。

 

 

2つめの動画は、池田先生の創作童話の外国語吹き替えのアニメから邦題『二人の王子さま』です。

 

次のリンクから全ての童話を、英語、スペイン語、広東語、中文版で見ることができます。

→池田先生の創作童話 外国語版アニメ

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村


立正安国の精神と行動

この前の休日に札幌に交流に行ってきました。父母を乗せて全行程8時間半の交流となりました。1軒を除いて残り全てのお宅に上がることができ対話しました。

今は日本列島じゅう行きましょうという時ですから、札幌交流というのは近場過ぎて、わざわざ言うのも恥ずかしい限りです。しかし遠くも大事ですが、近くもおろそかにはできません。今日土曜日も、朝から配達もあり、昼は車両誘導の任務と、多忙な日でしたが、5区の行動を自分なりにやり切ることができました。

法戦も次第に本格化している時節ですが、昔こんな疑問を投げかけていた人を思い出します。
「どうして法戦を戦わなければならないのか。そのことを明確に教えた御書も、指導も聞いたことがありません」
との内容でした。この1つの答えが『立正安国論』の一節だと思います。

汝須(なんじ・すべから)く一身の安堵(あんど)を思わば
先ず四表の静謐(せいひつ)を祷(いの)らん者か

(御書p.31)

我が身の安穏と幸福を願うならば、周りの世の中、広く言えば全世界の安穏と全民衆の幸福をも祈るべきである、との仰せです。この御書に関して、学会指導にもこうあります。

現実社会の問題に目を背け、ただ宗教の枠に閉じこもっているのは無慈悲である。力ある宗教であればこそ、社会の課題を解決するために、具体的に行動していくべきである(趣意)

創価の日蓮仏法は本来、我が身一個の保身を願うちっぽけな祈りではありません。具体的かつ現実に、社会を変革し繁栄させ人々に真の幸福をもたらす、祈りであり実践なのです。その一環が、仏界・菩薩界を体現した政治家を送り込む、一つ一つの法戦なのです。

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村


4000万遍達成

約30年かかって唱題4000万遍を達成しました。百万遍の数としては40回目の達成です。題目の数もさることながらある意味、30年も題目の数を記録し続けてきたことに、我ながら驚いてしまいます(笑)

40

昔見た聖教の声の欄に、題目一億遍あげた高齢のご婦人の体験が載っていました。自分もひそかに一億遍あげてみたいものだとずっと思ってきました。しかし今までのペースで行けば丁度15年で2000万遍あがってますので、残り6000万遍あげるにはあと45年もかかってしまう計算になります。

この7年間でのペースでは5年で1000万遍あがっていますので、このペースを持続していけば、あと30年で6000万遍あがり通算一億遍が達成されます。15年短縮される計算です。今自分は51歳ですから、その時81歳となっています。

もちろん、数さえあげていれば良いという題目ではありません。祈りの質や強さが大事、何より広布を誓願する祈りであるのかどうか、広布の行動を起こすことと、生活に実証を示すのが最第一です。

一定の題目に挑戦することにより生命力あふれる毎日を送ることができています。学会指導で言われる、
「生きていること自体が楽しい」
という境涯が築かれつつあります。

題目をあげたからといって全ての悩みが即座に解消する訳ではありません。ただし、それらに振り回されない強固な自分が居るのを実感できます。あげた時とあげていない時の差は、生命でひしひしと感じてきました。

平等に与えられた24時間のうち、毎日2時間を御本尊に向かい無上の題目を唱えられるという、楽しみ以上の楽しみが他にあるでしょうか。これにつけても、あとは小さな殻を打ち破って、化他の題目を行ずることです。今回の節目を迎えられた喜びを糧にして、一段と勇躍歓喜して自行化他の唱題行に取り組んでいきます。

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村


熊本地震へのお見舞い

犠牲になられた方々に題目をおおくりします。被災された方々はどれほど不安な時を送っていることでしょうか。天候が崩れる前に国の総力をあげて、救助と優先すべき復旧が行なわれることを祈らずにいられません。

これほどいち地域に地震が集中して起きるのは、未だ曾て聞いたことがないです。1回1回地震が起きるたびに、あたかも自分の身心が引き裂かれるような思いです。

「我並びに我が弟子諸難ありとも疑う心なくば自然に仏界にいたるべし、天の加護なき事を疑はざれ現世の安穏ならざる事をなげかざれ」開目抄p.234)

この御文を今一度肝に銘じて、被災地の方々のみならず、自分を含め胸を痛めている全ての人々が力を合わせ、この難を乗り越えていきましょう。

→熊本地震 テレビ・ライブ配信まとめ

→大地震の時にやることとNGリスト

→活断層とは何か

→都市圏活断層図について

(H28.4.16 ライブ配信まとめリンクを追加)

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村