学会二世と福子

標題は便宜上「学会二世と福子」としましたが、二世に限らず三世、四世・・・の人、或いは福子の人の信心について考えてみようと思います。

かく言う私も、父母は学会員ですし、すでに故人ですが母方の祖父母も信心していましたので、学会三世です。
福子については、母は昭和32年と入会が古いのですが、父は私が生まれた翌年の入会なので、厳密には半分福子とでも言えましょうか。

私が成人して、北海道から神奈川へ1人暮らしを始めた時、そちらの組織で大変にお世話になったのですが、壮年・婦人の中には、次のようなことを言う人がいました。

「学会二世(三世)は体験が無いんだよね」
「学会二世は親の信心に護られているんだよ」

私はこうした言葉がとても気になった記憶があります。
「二世は本当に苦労して信心した訳でないから、いざという時、確信が弱い」
といったことも言われました。
悪いこともしていないのに、何か自分に欠陥があるかのようで、わだかまりが残りました。

学生時代の仏法対話の功徳だったのですが、神奈川では一流大企業のエンジニアとして歩み始めた頃でした。
そのある意味で、それまでの信心・生活にわたる努力を、否定されたようで、不快に思ったのは事実です。

「体験が無いというなら、ようし、凄い体験を積もう」
「人がしたことのないような苦労をして、乗り越えてやろう」
と、今にして思えば、それまでとは全く違う方向に動機付けられたのも事実でした。

一面から考えてみれば、若い内から世間的に恵まれた境遇にあったことに、そう言った人のやっかみ、つまり嫉妬が背景にあったのかも知れません。
先生が言われていますが、嫉妬する方と嫉妬される方とでは、嫉妬されるほうが上なのです。(趣意)
そうであるのに、嫉妬された自分が悪いかのように取ってしまった私が、未熟であったとも言えます。

とは言うものの、学会に特別扱いの人間など必要ありませんし、世法の立場等を信心の世界に持ち込むべきではありません。
また、若い時からチヤホヤされれば、甘やかされた人間となり、年配になって苦しむのは本人です。
或いは、人の言葉をそのように捉えた私自身が、考え過ぎというか、単にひねくれていただけかもしれません。
その意味では、いち青年にかけてくれた厳しくも温かい、鍛えの言葉だったのかもしれません。

それはともかく、若い内は人間が成熟もしていないのに、周りから何かと期待される場合があります。
本当の苦労の山坂を越えて来た訳でもないのに、大きなチャンスに恵まれる場合もあります。
「出る釘は打たれる」ということもあるでしょう。

そうした「期待」と逆に「厳しい目」が交錯する中で、これからの学会の後継者として心に留めるべきことを何点か挙げてみたい。
第一に、苦労は自分をつくってくれる財産だということです。
自分を鍛錬する場に、自ら進んで身を置くことが、偉大なる自分をつくってくれます。
その鍛錬の最たるものが「折伏」です。
先生の指導にも、青年は何よりも「折伏力」を身に付けるべきであると仰せです。


第二に、人生の先輩やお世話になった方々への、感謝の心と言動が大事です。
学会指導に次のようにあります。
「不平や愚癡は、すでに持っている福運まで消してしまう」(趣意)

つまり今の自分を育んでくれた、全ての存在に深い感謝の振る舞いができるかどうかが大事なのです。
どんな分野でも、傲慢は敗北の因です。
ですから、感謝できることが、自分の運命を良い方向に無眼に開いていく源なのです。

第三に、情熱と挑戦の心こそが若者の特権です。
その意味では、何があってもへこたれず、自分を成長させる滋養と捉え、前進していってほしい。
「もうダメだ。もう立ち直れない」ともし自分が思ったとしても、時が経てば、いつか笑って振り返ることのできる日が来るものです。
それまで忍耐に忍耐を重ねることが必要な時があるのです。

第四に、これら一切を自然に実行し、過ちなき人生を開いていくために、題目根本の人であってもらいたい。
唱題の人には誰も敵【かな】いません。
どんな障魔にも打ち勝つことができる源泉が題目です。
どれだけ素晴らしい学会指導を見聞きしても、唱題に徹しなければ、それらを正しく実践することはできません。
そのためにも、正しく自行化他の題目を指導してくれる学会活動に、徹して求道心を奮い起こして参加していくことが重要です。

青少年、なかんずく学会っ子こそ人類の希望です。
師子の子らしく大成していってもらいたいというのが、みんなの願いです。
(平27.5.19修正)


 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


努力あってこそ祈りは叶う

現実の行動と努力あってこそ祈りは叶います。
真剣な努力も無しに祈ってさえいれば叶うというのであれば、人間をダメにしてしまう宗教であると、先生は仰っています。

皆さんも聞いたことがあると思いますが、「米を炊【た】く譬え」があります。

米を炊く時に、為すべきことをしないで、何時間祈ったとしても米は炊くことは決してできません。
つまり、米を研【と】いで炊飯器にセットしてスイッチを押すという現実の行動をしなければ、いくら長時間祈ったとしても米は炊けません。

これは米を炊くことに限ったことではなく、仕事や生活などあらゆることに当てはまります。
現実の行動と努力なくして祈ってばかりいても、願いは叶わないのが道理です。
しかし私たちは、これだけ祈っているのだから叶って当然だと期待するわりには、必死の努力をついつい怠るという愚を犯しがちです。

いくら祈りが根本といっても、祈ってさえいればよい、現実の努力は二の次でよいというのでは、それは甘えであり間違った信心と言えると思います。
一気に話が飛躍するかもしれませんが、例えば、日蓮大聖人は草庵に閉じこもって、朝から晩まで題目ばかりを唱えていたでしょうか。
創価の三代の会長は本部に閉じこもって、唱題ばかりを行じていたでしょうか。

大聖人もそして創価三代の会長も、寸暇を惜しんで日本中、世界中を対話と激励行に、徹して歩き抜かれた御生涯です。

その激務の中で、移動の車中でも、また僅かな休息も惜しんで題目を唱え続けられたのです。
現実生活の場面において、わが胸中から勇気を引き出し、最高の行動、最高の努力となって表れてこそ、本当に正しい祈りなのです。
それが最高の結果となって現われるのです。

ここで、池田SGI会長がブラジルを初訪問した折、農業移住者として奮闘する壮年との語らいを見てみましょう。
 
 信心をしていれば、自分の畑だけが、自然に豊作になるなどと思ったら大間違いです。仏法というのは、最高の道理なんです。ゆえに、信心の強盛さは、人一倍、研究し、工夫し、努力する姿となって表れなければなりません。そして、その挑戦のエネルギーを湧き出させる源泉が真剣な唱題です。それも”誓願”の唱題でなければならない。
 
 (中略)
 祈りといっても、自らの努力を怠り、ただ、棚からボタモチが落ちてくることを願うような祈りもあります。それで良しとする宗教なら、人間をだめにしてしまう宗教です。日蓮仏法の祈りは、本来、”誓願”の唱題なんです。その”誓願”の根本は、広宣流布です。

 つまり、”私は、このブラジルの広宣流布をしてまいります。そのために、仕事でも必ず見事な実証を示してまいります。どうか、最大の力を発揮できるようにしてください”という決意の唱題です。これが私たちの本来の祈りです。

 そのうえで、日々、自分のなすべき具体的な目標を明確に定めて、一つ一つの成就を祈り、挑戦していくことです。その真剣な一念から、知恵がわき、創意工夫が生まれ、そこに成功があるんです。つまり、『決意』と『祈り』、そして『努力』と『工夫』が揃ってこそ、人生の勝利があります。
(SGI会長指導選集 15-4月号大白蓮華)

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


37回目の百万遍を達成

昨年11月21日に約6年間かかって1200万遍との記事を書いてから、さらに104万9千遍上がりました。

昭和60年の学生部時代に再発心してからの通算では、37回目の百万遍達成となりました。
正確な集計では3785万4千遍となりました。


37



婦人部・女子部ならいざ知らず、一壮年部が4000万遍になんなんとする唱題を上げているというのは、聞くことは極めて少ないと思います。
それだけ壮年・男子が長時間上げるというのは、珍しいことであり、難しい挑戦なのでしょう。

男女間の平等という意味で、仕事の捉え方は昔と大きく様変わりしていますが、やはり男は仕事が主であり、職場で実証を示すことが優先されます。
仕事で勝つためにも、1日1~2時間位の唱題は挑戦し持続したいとの思いが、いつしか叶っていました。

やはり大事なのは「自行化他」の題目であり、「広布の誓願」の題目です。
その意味では、仕事と生活の充実など一切が、その自己の使命を果たすためにこそ存在意義があると言えます。
「仏の使い」として人を救っていってこそ、汲めども尽きぬ仏力・法力が現れ、厳然と自分の願いが叶います。

4000万遍に向けて、まず私自身が広宣流布していくために、仕事で実証を示し一家和楽の家庭を築くべく、心も新たに前進を開始していきます。



ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村