国家試験7度目の結果

昨年8月に国家試験7回目挑戦しました。
とくに今回は芳【かんば】しくない結果だったので、ここでは触れないようにしてきました。
しかし半年が経過し、いつまでも放っておく訳にはいかないので、振り返りを行ない、気持ちの整理をできればと思います。

7回目の今回は、「経営情報システム」1科目のみ科目合格していますので免除となり、合計6科目を受験しました。

1.経済学・経済政策
2.財務・会計
3.企業経営理論
4.運営管理
5.経営法務
6.中小企業経営・中小企業政策

とくにこの内、「財務・会計」と「経営法務」が各々40点以下と余りに酷い点数でした。
逆にあともう少しで科目合格に届きそうだったのが、「運営管理」と「中小企業経営・中小企業政策」でした。

6科目全体では約46%の得点となり、1次合格には15%程度足りていない結果となりました。

専門学校生などの受験体験を見ると、1次試験は案外、2~3回で合格していく人が多いようです。
いくら独学のうえ、50歳になり頭脳の固い自分とはいえ、7回も受けて1~2科目の合格がやっと、という現状にあります。

この試験の本当の難しさは2次試験であるのに、7回受けてその土俵に上がることすらできませんでした。

1次の合格率が約20%で、1次合格者が受験する2次はさらに合格率約20%なのです。
つまり、
0.2×0.2=0.04=4%
が1次2次ストレート合格する場合の合格率となります。
旧・司法試験が2~3%程度ですから、それに匹敵する位の難しさです。

ともかく、この試験の本格的困難は2次試験に待っているのです。
もちろん2次の対策も少しずつ行なってはいますが、未だ1度も受験資格さえ手にできていないのが、厳しき現実です。

試験問題を作る先生たちも、一定の割合で落とすことを狙って問題の難易度を保っている訳ですから、早い話が「甘い」試験ではないことが、だいぶ身に染みて分ってきました。

ここまで悲観的材料を並べ立てましたが、良い材料もあります。
まず、テキストや問題集を完全読了したものは10冊、総ページ数2,750ページにのぼります。
途中まで読んだページを全て含めると、合計4,000ページを超えるでしょう。

書いたノートも大学ノートで4冊目に入りました。
こちらは4冊位ではまだまだ足りないとも思います。

ともかく、倦【う】まず弛【たゆ】まず努力を継続するしかありません。
最近では合格者の良質の体験書籍を参考にしながら、学習法を常に見直し改善・進化させることも心掛けています。

結果は厳しいものがありますが、こうして負けないで挑戦を続けられることに、様々な意味で、創価の信仰が根本にあるからこそであり、深く感謝しています。
あとは、勝利の報告を先生と恩ある人々にしていけるよう、そして後に続く同窓生の道を切り開いていけるように、また新たな清新な心で前進してまいります。

(平27年2月26日修正)

 

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村

 


法主詐称(1)

御書に明確な万人に開かれた「信心の血脈」を日顕はないがしろにしたのみならず、権力欲に狂って相承を詐称した。
日顕が法主の座を乗っ取った1979年7月22日を、時系列で追ってみよう。

同日午前3時頃、「日達法主危篤」の急報が宗内を駆けめぐり、それを聞いた日顕も東京から富士宮へと向かった。
早朝5時5分日達法主は逝去、遺体は6時半過ぎに病院から大石寺の大奥対面所に戻った。
同じ頃、大石寺に着いた日顕は7時15分からの枕経を前に、大奥の西奥番室に立ち寄り、日達法主の娘婿で側近だった管野慈雲【すがのじうん】・遺族らと面談した。
その時の情景が詳しく描写されている(憂宗護法同盟発刊『法主詐称』から)。

日顕 あと(相承)のこと、君たち聞いてるか?
管野 いやぁ、それは、総監さん(=日顕)じゃないですぅ?
日顕 あっ、そうか・・・あぁ、そうだったな――。
日顕は考え込むように、ゆっくりうなずいたという。

相承のことは、遺族も知らない。日達法主の側近だった管野も、どうやら何も聞いていない。
つまり、日達法主は誰にも相承せずに逝去したと、日顕は確信した。
長年、法主の座をつけ狙ってきた日顕にとって、願ってもないチャンスが巡ってきたのだ。

枕経のあいだ日顕が考えていたことは、師の冥福などではなく、これから始まる大陰謀「猊座奪取【げいざだっしゅ】」のシナリオ作りに、日顕の頭はフル回転していたのだ。

(出典:民衆勝利の凱歌~創価の宗教改革/創価学会青年部編)

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村


人を育てる(3)

ここでいくつか御書と先生のご指導を見てみましょう。

(c) 1996年2月24日のご指導

「人がものを教えるというのは、
車輪が重かったとしても油を塗ることによってまわるように、また、船を水に浮かべて進みやすくするように教えるのである」
(通解、御書1574ページ)

大切なご指導である。車輪が重いのに、油も差さずに無理やりまわせば、壊れてしまうであろう。人にものを教えるということも同じである。

「この人の心を軽くしてあげるためには、今、何を話してあげればよいのか」 「あの友が生き生きと前進するには、どう励まし、何をしてあげるのが、いちばんよいだろうか」。このように心をくだくことである。

相手が何を思っているかも考えずに、一方的に”指導”したとしても価値がない。相手が、おなかがすいているのに、長々としゃべる、体の調子が悪いのに、ただ頑張れ、頑張れ――これでは頑張ろうと思っている人でさえ、いやになってしまう。相手が求めているものをあたえる。何をしてあげればよいかを考える、手を打つ――この慈愛が大切なのである。慈愛から知恵は生まれる。

相手のつまずきを除いてあげる、求めているものを与え、行きやすいようにしてあげるとのご指導です。

重い車輪に油を塗る、船を水に浮かべて進みやすくする、との御書は、前回の記事の「盆栽とジャングル」にもありましたが、元々、車輪は回転しており、船も元々前に進んでいると考えられます。

すなわち、その導こうとしている目の前の子供や大人は、元々、伸びよう成長しようという欲求を持っている上に、行きやすいように手を貸してあげるというスタンスなのです。

つまり「外発的」ではなく「内発的」な動機づけの重視です

(d)『永遠の経典「御書」に学ぶ』 第1巻から

また指導者には、訓練、擁護【ようご】、指導、教授の四項目が必要です。問題があれば、親切に「指導」する。あるいは必要な知識を「教授」する。そうやって、本人が行き詰らないようにしてあげる。

疲れている場合は「擁護」してあげる。成長の度合いに応じて「訓練」し、訓育する。これが指導者です。擁護すべき状態なのに訓練すれば、本人が潰【つぶ】れてしまう。指導、訓練すべきときに擁護しては、本人が伸びなくなる。

この場合、あえて言えば、擁護が「主の徳」、指導・教授が「師の徳」、訓育が「親の徳」に当たるかもしれません。

よく言われるように学会は指導主義です。
御本尊に自ら題目を唱えて課題を解決できるよう導くことが根本です。
ともに唱題することが最高の指導とも言えます。

その上で、リーダーには「訓練、指導、擁護、教授」の4項目が必要であるとの仰せです。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村


人を育てる(2)

(a)アマラとカマラ

アマラとカマラの物語はご存知でしょうか。
次の写真の右の本『狼に育てられた子』として有名な2人の少女の話です。

アマラとカマラ20
詳しい内容はこちらをご覧ください。
→アマラとカマラのあらすじ

左の『アヴェロンの野生児』もそうですが、これらの書籍は、人は人に育てられてこそ初めて人間となる、ことを示しています。
何らかの事情で幼少期に人の手により養育されなかった子供は、生き延びられないか、もしくは人間性を失ってしまい野獣と変わらない存在となってしまうのです。
(注意:アマラとカマラの方は、現在、その信憑性を疑問視する見方もあるようです)

アマラとカマラは極端な例ですが、程度の差はあれ、虐待やネグレクト(=育児放棄)を受けたり、親の愛情と養育を充分に受けられなかった子供は、社会性が十全に備わらずに、成長と共に社会に不適応を来たすことになります。

親子の間に限らず、広く人材育成においても、人は適切な時に適切な世話を受け、教え育まれていくことがいかに大切であるかが、これら野生児の例から知ることができます。

(b)盆栽とジャングル

次に、アマラとカマラの話と一見 矛盾するようですが、子供でも大人でも本来、伸びようとする自然の力がその人自身に備わっています。

ある有名な教育者が次のように言っていたのを思い出します。
「そう、雑木林とかジャングルみたいに、ある意味で、勝手に育つなかから、いろんな個性が発揮されていくというのが、本当の人材、強さなのかもしれません。いじりすぎて盆栽にしてはいけない(笑い)。本来、子ども自身に、そういう生命力や育つ力があると思います」

含蓄の深い言葉だと思います。
子どもは本来、雑木林やジャングルのように自ら“育つ”パワーや無眼の可能性を秘めています。
われわれ(教師)は、その伸びようとする子どもの、秘められた大きな可能性を“いじり過ぎ”て、”盆栽”のようにしてはいないかというのです。
これは確かに「耳が痛い部分がある」との思いを抱く人も多いと思うのです。

盆栽はあくまで観賞用としての存在であり、良い意味での野性味というか、自然に伸びゆく力を抑え込まれてしまっているのですね。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村

 


人を育てる(1)


人は手塩に掛けて育てた分しか育たない

と私は思います。
これは何も過保護や過干渉をせよ、ということではありません。
子育てにおいても、広く人材育成においても、細心の注意を払って手を掛け心と愛情を掛けて育てないと、人は育たないものです。

反対に、手を抜いて自由気ままに放任して育てられた人は、いざという時に発揮すべき人間力がぜい弱なため、大きな活躍や貢献がなかなかできない。

かくいう私も子どもの頃から、両親が仕事等でほとんど家に居ず、ほったらかしでしたので、子ども心に随分と寂しい思いをしたものです。
いつも幼い妹と私の2人で、留守番をしていたのを、今でも時々思い出します。
(お陰で女の子のアニメ主題歌――例えば『アタック・ナンバーワン』など――今でも何曲か憶えています)

人より長目に受けた学校教育のお陰もありますが、何よりも学会員として受けてきた訓練には、本当に感謝しています。
こんな歪【いびつ】な育ち方をした自分でも、こうして何とか全【まっと】うな人間として生きることができ、リーダー的な役割も担わせて頂けるまでになれたからです。

学会の中で薫陶され育てられてきたからこそ、曲がりなりにも今持っている人間力を身に付けることができました。
学会は「校舎無き総合大学」との言葉にあるように、どれほど多くの人々を育ててきたのでしょうか。
本当にすごいことだと思います。
今やその連帯は192カ国・地域までに広がっています。

話を「人を育てる」に戻しますが、こういう私が民間の教育に20年ほど携わった経験を通して達した1つの結論が、「人は手塩に掛けて育てた分しか育たない」ということです。
多分にこれは成功体験の結果というより、これまでの失敗の積み重ねが言わせている部分が、我ながらあるのではと思います。

また育てられる側から見てみると、泣きながらでも食らいついていった者が、長い目でみると生き残り、かつ大きな成長を遂げているものです。
自己の傲慢と浅知恵で訓練を避けた者は、長い目でみると大きく後れをとり、この両者の差は歴然たるものとして表れてきます。

「教育は聖業」とも言われます。
先生は「私の最後の事業は教育である」と仰っています。
教育には時に恐れを感じさせるような局面があるかと思えば、深い喜びというか教師冥利に尽きるような時もあります。
人を育てることは己を育てることにも通じる「共育」との考え方もあります。

高度に複雑化した現代社会にあって、「生涯教育」が叫ばれて久しい時が過ぎています。
常に自ら謙虚に貪欲に学ぶこと、良き知恵・知識を次世代に継承していくこと、の2つは車の両輪のように欠くことはできない、人としての重要な努めと言えましょう。

(続きます)

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村