折伏はなぜ難事なのか(2)

誤解を恐れず、私の経験から言わせてもらえば、折伏は子育てと同じとも言えるかもしれない。
私は子どもは未だいないが、民間の教育機関で働いたので、長年、多くの子どもとは関わってきた。

新入会者は大聖人と学会の仏法については、未だほとんど何も知らない。
右を向いても左を向いても、何をどうしてよいか何も解からない状態である。
言ってみれば、信仰者としては生まれたての赤ん坊と同じなのだ。

その赤ん坊を、これから言わば親の如き忍耐と愛情で、育てていくのが折伏とも言える。
「親の心、子知らず」という場面も度々、出てこよう。
少し成長してきたら、生意気を言ってくることもあるだろう。
それは信仰者として「自立」しかけてきた兆しであるのかもしれない。

親の如き深い思いで見守りながら、多くの同志の方々にも育ててもらいながら、時にはその友人の信仰の危機に、命を縮める思いで心配をし、必死の叱咤・激励を送ることもある。
時には、人生の慶事に、その友人以上に喜びの涙を流すこともある。
こうして人を育て見守り祈った1つ1つが、最高の人生の財となっているのに気付くのである。

すこし感傷的になったかもしれないが、気を取り直して1つ目から見ていこう。

1.人の心を変える難しさ

この信心は「人を変えるにはまず自分が変われ」と教える。
1人の折伏を成就するには、大まかに言って3つの存在の認識を変える必要がある。

自己の認識(一念)
友人の認識
受け入れ側の組織の認識

これらを一切の障魔や惹起【じゃっき】してくる難と戦いながら、仕事・生活とも両立させながら、疲れた体に鞭打って、忙しい時間をやりくりして前進させて行かねばならない。

まず友人の心を変える。
「信心はよく解からないが、この紹介者は信頼できる」
との信頼関係が大事である。
そして御本尊の功徳を、自他の体験などを通して理解させることも、もちろん重要だ。

その友人に同居家族がいるなら、家族の承諾も必要となる。

同時に、受け入れ側の組織の承諾が必要である。
入会・御本尊授与には、友人との本部長面接なども行なうが、入会に当たって不安な点は、事前に地元の幹部たち、友人ともよく話し合って解決していく。

これらの認識を変える根底には、紹介者が信頼されていることが最重要となる。
友人との信頼関係、および地元組織における信頼である。

ともかく、人の心を変えることが第1の難事である。
その難事を突破するのが、自己の誓願の祈りに基づく不屈の行動である。
真剣な祈りと行動があるところ、周りの全てが諸天善神の働きとなって、折伏の成就に向かうのである。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


折伏はなぜ難事なのか(1)

 

折伏は難事中の難事と言われる。
法華経宝塔品で説かれる「六難九易」では9つの容易なことと6つの困難なことが比較され、法華経を受持し抜くことや広宣流布することは「六難」の方に当てはまっている。

例えば「九易」の方には次のようなことが含まれている。
●須弥擲置易(しゅみちゃくちい)  世界の中心にあるとされた須弥山(しゅみせん)をとって他の世界へ擲(な)げ置くこと
●世界足擲易(せかいそくちゃくい)  足の指(ゆび)で大千世界を動かして遠くへ擲(な)げること
●把空遊行易(はくうゆぎょうい)  手に虚空(こくう)、大空(おおぞら)をつかんで自在に動くこと
●足地昇天易(そくちしょうてんい)  大地を足の甲(こう)の上に置いて天に昇(のぼ)ること
●大火不焼易(だいかふしょうい)  枯草(かれくさ)を負(お)って大火に入っていっても焼けないこと

これに対して「六難」には次のようなものがある。
●広説此経難(こうせつしきょうなん)  仏の滅後(めつご)の悪世(あくせ)に、多くの人々のために法華経を説くこと
●少説(しょうせつ)此経難 一人の人のためにも法華経を説くこと

上に挙げた「九易」の5項目を見ただけでも、これらのどこが容易なことなのか、と半ば呆気【あっけ】にとられるような不可能事が並ぶ。
これら「九易」に比して、法華経を自ら受持し、人に説き弘めることが、はるかに難事であるというのであるから、我々学会員が日々行なっていることがいかに物凄いことであるかが解る。

では、なぜ折伏がここまで難事であると言われるのであろうか。
私の少ない経験(年数としては長いが、成果としては少ない)のなかから、難事と言われるその正体に迫ってみようと思う。

1.人の心を変える難しさ
2.学会組織から承諾をもらう難しさ
3.受け入れ態勢を作ってもらう難しさ
4.人材育成の軌道に載せる難しさ
5.1人立ちさせる難しさ
6.己身の魔、三障四魔、三類の強敵に打ち勝つ難しさ
7.時間・労力のマネジメント、仕事との両立の難しさ
8.退転させない、自分も退転しない困難性

自分なりに考察してみると、例えば上記のような要素が列挙できると思う。
こうして列挙してみただけでも、いかに折伏が難事であっても、ヒマラヤを他の世界に投げたり、枯れ草を背負って大火に入っても焼けない、などといったことを文字通り実行すべき局面はどこにも存在しない。

つまり「六難九易」は生命論として捉えるべきなのだ。
折伏実践のうえで実践者の心行(心の働き)のあり方を教えているとも言えよう。

では、次から1つ1つ詳しく見ていこう。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


携帯で撮った写真

最近、携帯で撮った写真を貼り付けます。
厚田に関する写真は、9月初めに厚田墓園に墓参に行った時のものです。

沙流川と振内郵便局の写真は、今年の法戦で交流に行った時です。
日高町は父が若い時に暮らしていた地です。

シーケンス講座は、商工会議所主催でテクノセンターで行われました。
ノーベル賞受賞者の鈴木先生の石碑は、先生の母校・地元の東高校で写しました。

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


冥益について

大干ばつが続いたことにより鎌倉幕府は、祈雨の命令を良観にくだしました。
仏法の正邪を決する良いチャンスと捉えられた日蓮大聖人は、良観に祈雨の勝負を挑まれます。

良観は数百人の弟子たちと雨を祈りましたが、期限の7日が経ってもいっこうに降る気配もありません。
あろうことか良観はさらに7日間の延長を申し入れて来ましたが、鎌倉には暴風が吹き荒れ、雨は一滴も降ることなく、折からの干ばつに苦しんで来た民衆の嘆きは増すばかりだったのです。

この時に大聖人が良観に送った書状に、以下の有名な御文があります。
一丈の堀を越えざる者二丈三丈の堀を越えてんや
やす(易)き雨をだに・ふらし給はず況やかた(難)き往生成仏をや、
(御書1158ページ)

一丈(=約3メートル)の堀を越えられない者が、どうしてその二倍、或いは三倍の堀を超えらようか、決して超えられるはずがない、との仰せです。
すなわち容易な雨(=一丈の堀)をすら降らすことができない者が、はるかに困難な成仏を叶えることができるはずがない、との烈々たる獅子吼なのです。

これは大聖人と良観との祈雨だけに当てはまるのではないと、私は思います。
私どもの信心においても、人生・生活上の目前の課題こそ、仏法の実証を示す最高のチャンスです。
ある意味、どれだけ高尚な教義を説いたとしても、或いは素晴らしい成仏の境涯が待っていると言っても、成仏からははるかにたやすく小さな、目の前の1つの課題を解決することすらできないような非力なものであったとしたら、それはまやかしだと言うことができます。

もちろん顕益より冥益が本来の信心の功徳であり、また現世利益だけを追い求めた場合、信仰の骨髄ともいうべき大事を見失ってしまう恐れもあります。
しかし一方で、創価とは「価値創造」の略であり、いわば価値=功徳を人生に現わすとともに、御本尊の功徳を讃歎しゆく一大民衆運動が広宣流布運動と言うことができます。

要は信心と生活の上で真剣な実践と努力があるところ、百発百中で祈りが叶う力が創価の御本尊には厳然と具わるのは間違いありません。
どんどん小さな願い(もちろん成仏の境涯から見たら小さいの意味ですよ)を叶えていきましょう。

よく聞かれると思いますが、池田先生は会員の方から「これだけ幸せになりました」という勝利の報告を聞かれるのが、一番喜んでくださるのです。

ところで、野球は9回裏まで勝敗は分からないとよく言われます。
これは、1塁にランナーが出たら2塁へ送るといったプレーや、極力ミスを排した好守の積み重ねなのです。
つまり1点にこだわる小さな小さなプレーの積み重ねあってこその、9回裏での逆転があり得ます。

序・中盤での、1点や2点はどうでもよいとの雑なプレーがあれば、終盤での挽回は到底不可能になってしまうのです。
つまり我々の信仰で言えば、目の前の信心即生活の課題に、こだわり抜いて、1つ1つ勝利していくことが、人生最終章での所願満足の勝利にも繋がります。
創価学会80余年の歴史そのものが、その民衆勝利の一大絵巻とも言えます。

これを機会に、改めて私も、先生そして恩を頂いた皆さんに、勝利の報告をまた1つしていけるようベストを尽くしていきます。

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

 


鬼神めらめ剣を逆さまに飲むか

人もすすめぬに心中より信じまいらせて
上下万人にあるいは・いさ(諌)め或はをどし候いつるに
ついに捨つる心なくて候へば・すでに仏になるべしと見へ候へば
天魔外道が病をつけてをど(威)さんと心み候か、

命はかぎりある事なり・すこしもをどろく事なかれ、
又鬼神め(奴)らめ此の人をなやますは剣をさかさま(逆)に・のむか又大火をいだくか、
三世十方の仏の大怨敵となるか、

あなかしこ・あなかしこ、
此の人のやまい(病)を忽になを(治)してかへりてまほり(守)となりて鬼道の大苦をぬくべきか、
其の義なくして現在には頭破七分の科(とが)に行われ
後生には大無間地獄に堕つべきか、永くとど(止)めよとど(止)めよ、
日蓮が言をいやしみて後悔あるべし・後悔あるべし。
(御書p.1586 法華証明抄)

病に苦しむ弟子のため、病魔を起こす鬼神に対する、日蓮大聖人の烈々たる呵責の御文です。
若き南条時光はこの御抄を頂く約2年半前に、熱原の法難を、中心門下として日興上人と共に、不惜身命の信心で戦い抜き大難を乗り越えました。

その後、病を患った時光に、大聖人が自らのご逝去の約7ヵ月半前に、渾身の激励をお認めになったのがこの法華証明抄です。

あらゆる脅しや批判にさらされても、ついに捨てる心を起こさなかったので、その強盛な信心を見た天魔外道が「この人は仏になってしまう」と焦って、次の手段として時光を病にさせて脅そうと試みている、と大聖人は真相を見抜かれているのです。

命は限りあることである、少しも驚いてはならない、との微動だにしない大確信を打ち込まれた上で、鬼神たちを烈々と叱り飛ばします。

鬼神の者どもよ!
この時光を病で悩ますは、剣を逆さまに飲むようなものである。
大火で身を焼くことになるぞ。
三世十方の仏の大怨敵となりたいのか!

速やかにこの人の病を治し、守護の働きとなり、鬼道の苦しみから脱れるべきである。
そうしないなら、お前たちは頭破作七分となり、無間地獄へ堕ち、永く出てこれないであろう。
日蓮の言葉を軽んじれば、必ずや後悔するであろう。

ここまで深く弟子を思ってくださる師匠、
怒りは善悪に通ずる、との御本仏としての大感情の怒りをぶつける師匠、
この真実の師弟愛を体現したのは、現代では創価学会しかありません。
感謝と歓喜を新たにして、病魔に打ち勝っていきます。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村