青年教学2級の学習

引き続き今度は、教学試験の話題についてです。
青年教学2級試験実施ということで、とりあえず早々に大白蓮華8月臨時増刊号を2冊購入しました。

具体的にあの人というふうに、研鑽を見る相手の人が明確に居た訳ではありません。
でも、予習等とりあえず準備だけは進めて、頼まれた時に対応できるように、
「今回の試験も、お役に立てますように。
 青年部を育成する力になれますように」
と祈るところから始めました。

すると男子部の後輩からお声がかかり、あれよあれよという間に学習会を開始し、すでに3回、時間にして15時間ほど行なっています。
それだけ集中して研鑽に汗を流しているということであり、充実した時間ほど過ぎるのが早いということなのかもしれません。

今回の範囲は、立正安国論全編、種種御振舞御書全編、日顕宗を破す、の3つです。
なかでも立正安国論は重書中の重書です。
自分自身は立正安国論の試験は受けたことは無かったですが、長年の自主研鑽の積み重ねを存分に発揮して、後輩の合格に向けて着実に歩みを進めて行きます。

教えるといえばおこがましいですが、人に説明することによって、自分の理解のあやふやさなどが分かります。
2級レベルになると、インプット学習だけでなく、アウトプット学習も比率を多くすべきです。
つまり、受動的に講義・解説を聞くだけ或いは読むだけでなく、自分はどう思うか、正しい考え方はどうなのか、これまで積み重ねてきたことを総動員して、自分の言葉で言ってみる、(書いてみる)ことが大事だと思います。

また、1ページ~数ページにわたって書かれてある本文を、簡潔に一言で要約してみて、肝要を把握し、言葉の多さや情報の多さに溺れてしまわないようにすることも大事です。
段ごとに、章ごとに、自分で要約してみて、全体の流れを把握するとともに、例えばその章で大聖人は一番なにを言おうとされているのかを把握するのです。

1つ1つの言々句々まで詳細に学んだら、要約して要点をつかむ。
考えてみれば南無妙法蓮華経から一切の仏法が開かれ、諸法の営みへと展開されるのですから、「日蓮は肝要を好む」との仰せを応用することも必要と思うのです。

考えてみれば、3級→2級→1級と進むにつれて、範囲が広がるとともに深さも深くなります。
底面と高さとからなる立体をイメージすると分かりやすいですが、3級が家庭用風呂の湯ぶねとすれば、2級は銭湯の湯ぶね位の大きさでしょうか。
でも深さは家庭用の2倍~位を想像しなければなりませんね。
1級になると大げさかも知れませんが、水深10m位の広い潜水用プールにはなるでしょう。

それだけ飛躍的に容積が増えるのに、出題はピンポイントでどこから来ても不思議でないのですから、付け焼刃では太刀打ちできるものではありません。
やはり長年にわたる地道な研鑽の積み重ねが大事になってくるのですね。

ここで、日蓮大聖人の仏法は、横に大宇宙と個々の生命という小宇宙を包含し、縦に三世永遠にわたる仏の生命を説き切った、甚深な上にも甚深無量の大法であります。
その妙法を風呂の湯ぶねや潜水プールに譬えたことが不適切だと、もし思われましたらご容赦ください。

別なところである方から貴重な指摘も受けましたが、教学は単なる勉強ではありません。
すべてを記憶したかどうか、もっと言えば複雑な理論をマスターすること、駆使することだけが目的ではありません。
むしろそれらは手段とも言えるし方便ともいえましょう。

あくまで信心を深め強め、広布の実践の力として、難を乗り越えるため、生活の上で現実に幸福になるための教学であることは、ゆめゆめ忘れないよう銘記しています。

ついつい長文となってしまいました。
受験対象者の皆さま、担当者・関係者の皆さま、お互いに絶対無事故で一歩成長の夏にしてまいりましょう。

(H.28.7.23一部修正しました)

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


悪質なコメントについて

何某と自分の実名・住所・電話番号入りで、立て続けに悪質なコメントがありました。
たぶんこれらの個人情報も全くの他人の住所・氏名等を、勝手に貼り付けて成り済ましている恐れも多分にあります。
その内容は、学会や関係者への根拠無き誹謗・中傷の羅列であり、あたかも口から汚物を垂れ流すかのような、内容でした。

それは俗悪四流週刊誌等を元にしたデマ・讒言【ざんげん】であり、火のない所に煙を立てる、言論の暴力です。
ほんとうは読むのも目にするのも不快なので、流し読みしかしていません。
おそらく日顕宗、法華講、退転者のたぐいと思われます。

人間として最低限の挨拶も無く、いきなり一方的な誹謗中傷を書き連ねる輩に、つき合ってあげられるほど暇ではありません。

私の予想通り、極悪の宗門にだまされている人間だとしたら、ほんとうに哀れであり、
「あんたは、宗門にだまされているんだ!
 目を覚ましなさい!
 骨の髄まで供養を絞りとられるだけだよ。
 地獄というも仏というも我らが胸の内にあるのだよ。
 あんたら反逆の輩の胸中にこそ地獄界があるのだ。
 ほんとうに哀れな人間たちだ」
と声を大にして訴え、救ってあげたい気持ちですが、リアルで縁のある人ならともかく、見ず知らずのストレンジャーに時間を割いてあげられるほど暇な時間はありません。

ネットの常識では、こうした荒らしには、反応しないで無視するのが一番良いと言われます。
一言、釘を刺しておくのも有効だろうと思い、記事にしました。
今後も悪質な或いは意味不明なコメント、人間としての礼儀・常識に欠けるコメントには、一切、返信する義務も暇も無いとのポリシーですので、ご承知ください。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


漢【おとこ】の順序

古い資料を調べていたら、面白いものがあったので紹介します。

●『破邪顕正』(‘07年4月2日付、聖教)

「漢【おとこ】の順序」
 (薩摩に伝わる、人間の優劣を見る基準)
 ①何かに挑戦し、成功した者
 ②何かに挑戦し、失敗した者
 ③自らは挑戦しないが、挑戦する人の手助けをした者
 ④何もしなかった者
 ⑤何もせず批判だけする者

 (①が最も優れ、①→②→③→④→⑤と行くほど劣っていく。)

批判だけする者が、何もしない傍観者よりも、まだたちが悪いというのは「なるほど、がってん」です。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


難の意義(2)

「難の意義」について、先生のご指導を拝しながら、さらに深めてみたいと思います。

●平成15年2月号、大白蓮華 「御書の世界」
(中略)
 名誉会長 表面的には、大聖人は流罪人で、迫害者たちは権力者であり聖職者です。しかし、内面の実相は、迫害者たちは「悪鬼入其身」であり、大聖人が智者であり、救済者なのです。
 この逆転の実相から佐渡流罪を見るとき、かえって、迫害者たちこそが愚痴【ぐち】と愚行【ぐこう】にがんじがらめに閉じ込められた罪人なのです。

 (中略)
 ある意味で言えば、文永8年の大法難で、鎌倉の門下たちの組織は、一【ひと】たびは確かに壊滅状態になった。
 そして、その再建とは、言うなれば、散り散りになった門下たちが漠然と集まってきたというのではないと思う。大聖人が佐渡から発信される明確な指導のもとに、戦う心が同一になった門下たちが、以前より堅固【けんご】な異体同心の和合僧を築いていった。それが佐渡期の鎌倉の門下たちではないだろうか。

 (中略)
 あえて言えば、真実の信仰に立った、新しい教団の形成とも言えるのではないか。
 そして、その特徴は、一人ひとりが大聖人と師弟の絆【きずな】を固くもっていた、ということです。
 強靭【きょうじん】な広宣流布の組織というのは、人間の信頼の絆が縦横にめぐらされていて初めて実現する。
 嵐のなかの運動です。組織や集団の形式的な論理で一人ひとりが動くわけがない。一人ひとりの人間の絆によってしか支え合うことはできない。
 インドのガンジーも、内外の数千人の人と文通していたといわれる。1日平均、100通の手紙です。10通は自分で書き、何通かは口述【こうじゅつ】、その他の手紙は返事の仕方を秘書に指示した。そして1日の残りはすべて面会者にあてられた(ルイス・フィッシャー著、古賀勝郎訳『ガンジー』)

竜の口に続く佐渡流罪によって、鎌倉の門下たちは壊滅的な状態に陥ります。
しかしこの大難が1人1人の信仰を鍛え上げるとともに、教団として見ても、以前より堅固な異体同心の和合僧を築き上げていったのです。
それは師匠との絆であり、戦う心が同一となった同志の絆が、縦横に張り巡らされたがゆえに強靭となった組織でした。

そして竜の口・佐渡流罪は大聖人にとっての発迹顕本でしたが、ある意味で、弟子門下にとっても1人1人に発迹顕本をうながし、その結果、教団全体の発迹顕本もなされたという見方もできましょう。

ところで諸難とは世界広布の進展した現代では、1つ1つの広布の戦いや法戦が、自身を深く鍛える諸難と捉えることもできます。
難とは迫害者との戦いだけではないのです。
自発能動で自ら求めて、苛烈な広布の戦いに勇んで身を投ずることも、諸難に遭うのと同じ意義があると考えられるのではないでしょうか。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村