師子王の人材たれ

人生途上に信仰ゆえの難や三障四魔が競い起る。
難や障魔など無ければ、どんなに気楽に信心できるだろう、と思うかもしれない。
できれば煩わしいことや嫌なこと苦しいことは上手に避けて、毎日、自分の趣味や道楽や好きなことだけして過ごしたいのが、人情だという人もいるでしょう。

もっと諸天善神が動きに動いて、難や障魔を未然に防いでくれたら、苦労しなくて済むのにと言って、自分がただ楽をしたいがために、諸天は何をしているのか? サボっているのか? とボヤいている人もいるかもしれない。

仏法においては「時」ということが重要な意味を持ちます。
もし難や障魔が起きなければ、正しい実践をしているがゆえの証拠であることも分かりませんし、そもそも難や障魔って何? となって御書も信心もまったく分からなくなってしまうでしょう。

そういう意味では、難を受けるべき時には真正面から受け切り乗り越えていく、魔と戦い打ち破るべき時にはその闘争に全力を傾けていくべきです。
それでこそ乗り越えた時に大歓喜がある。
鍛えがあり、すべて自己の財産になる。

創価の御本尊を持つということは、難があろうと魔が起きようと、根底は絶対の安心感がある。
何が起きようと微動だにしない、盤石な境涯を必ず築くことができるのである。

もう一点、すこし厳しいことを書こうと思う。
読んだ人は、「なにを生意気なことを言うか。何様の分際だ」と思う人ももしかしたらおられるかもしれない。
そこを承知であえて書かせてもらおう。

「羊千匹より師子一匹」
との三代の会長の言葉がある。
これを折伏に当てはめれば、羊のような1000人の会員をつくるよりも、たった1人でも本物の師子をつくれ! との仰せだと思う。

羊1000匹とは、居ても居なくてもいい人や居ない方がいい人、まして学会に迷惑を掛けるような弱く卑怯な人間1000人がいても、なんの役にも立たない。
それよりも真正の戦う師子がたった1人でも居れば、いくらでも広布の沃野は広がっていくのだ、との意味である。

折伏は人数だと思ったら大間違いの部分があろう。
現状に満足せず、さらにさらにとの折伏の戦いは、もちろん絶対に必要である。
ただ羊のような人間を10人つくとうと、100人つくろうと、大して広布には役立たないのだ。
また、常に自分は羊なのか師子なのか、厳しく自省していくことも大事だと思う。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


功徳を受ける信心

私ごとですが、ここ最近は仕事に活動にとなかな忙しいです。
先日は隣の市で市議会選挙が近いため、交流に行ってまいりました。
まだほんの近場でしたが、勇躍歓喜して帰宅しました。

しばらくブログに手が付きませんでしたが、最近思うところを綴ってみたいと思います。

ここ最近時間をつくっては河合一氏の著作などを読んでいます。
『生活にいきる信仰』を読了し、『続・生活にいきる信仰 Q&A』をいま読んでいます。

河合氏が一貫して強調するのは、次のような疑問です。
「同じ信心をしていても、功徳を受けている人と受けていない人の二通りあるのはなぜか」

その答えとして、著書で次のように繰り返し強調しています。
「義務の人」
「惰性の人」
「不信の人」
には功徳は無いか、あっても少ない、と。

「言われたから」「やらないといけないから」といって受け身で信心をしている「義務の人」は、喜びが無いので愚癡が出やすく、功徳が出にくいのです。
「惰性の人」も一見すると一応は、功徳が出る人と同じ実践行動をしているように見えますが、あたかもアイドリングだけしてギヤを入れない空ぶかしの車のようなもので、功徳はありません。
第三に、「不信の人」は疑いながら信心をしていますので、その自分の不信の一念の通りに、何も叶わないのです。

そこで、「決めて祈って動くと変わる」と言われるように、頑張ることより変わることが大事、本当に決意しているのかどうかが大事なのです。
決意の一念に立つことが意外とできないのです。
「いつまでに何をどうするか」を具体的にして「変わろう!」と決めるのが難しいのは、本当に決めたのであれば真剣に戦わないといけないと解っているからです。

自己の弱さとの熾烈な戦いを開始し、その戦いを持続しないと、本当に決意したことにならないからです。

逆に言えば、そういう本当の決意ができれば、あとは祈って動いて変わることが、必ずできるのです。
そこがとにかく頑張ればいいとの「行動の因果」ではなく、まず変わろう変えようとの一念を決めることを重視する「一念の因果」の宗教が、大聖人の仏法なのです。

目に見える行動だけではいろいろと手が抜けます。
人の目は誤魔化すことができます。
しかし、心がどうかを見ていけば、誤魔化しはききません。
自分の(己心の仏の)目を欺くことはできないのです。

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


不退の信心

桜前線もやっと北海道へ上陸し、春らしい日々が続いている。
しかし、
「季節は春になったけれども、私の生活は依然として『冬の信心』です。
いつになったら、春がやって来るのでしょうか」
との苦闘を重ねられている方もいらっしゃると思う。

かく言う私も、新たな法戦を迎えるたびに、新たな苦悩の局面に立たされることが多い。
その壁の高さと厚さに、思わず弱気になることもある。
しかし、
「悩みがあるからこそ真剣に戦えるではないか。
 戦って乗り越えよ!
 限界突破に挑み勝利せよ!
 また1つ大きく宿命転換するチャンスが訪れたのだ!」
との仏の計らいだと、ふつふつと戦う意志が起きてくる自分を発見する。

末法の御本仏でさえ四度の大難に遭われた。
1.松葉ケ谷(まつばがやつ)の法難
2.伊豆流罪
3.小松原の法難
4.竜の口の法難・佐渡流罪

こうした伊豆流罪、佐渡流罪などと言っても、それらは御書の中に書かれた、760年も昔のことなのだろうか。
それらは私たちの日常からかけ離れた、「遠い昔の出来事」などではないのである。

私にとっての伊豆流罪があり、私にとっての竜の口があり佐渡流罪・・・があるのではないだろうか。

確かに大聖人とは戦いや難の規模や次元は違うのは当然だが、大聖人門下として創価の師弟に連なる者として、過去に私にとっての松葉ケ谷、伊豆流罪、竜の口・・・があったと実感できる。

そしてそれら1つ1つの難を乗り越えて今の自分がある。
これからも難と戦い乗り越えていくのだ。
いま、もしかすると新たな難に直面していると言えるのかもしれない。
何が来ようと、勇気ある信心で打ち勝っていくなかにしか、勝利の夜明けはない。

ここで、『開目抄』にある「貧女の譬え」を紹介させて頂く。
1)~10)の数字は、譬喩の中に大聖人の読み方が十重に込められていることを表している。

涅槃経に曰く
「譬えば貧女の如し居家救護【こけくご】の者有ること無く
加うるに復病苦飢渇【けかち】に逼【せ】められて遊行乞丐【ゆぎょうこつがい】す、

他の客舎に止り一子を寄生す是の客舎の主駈逐【あるじ・くちく】して去らしむ、
其の産して未だ久しからず是の児を携抱【けいほう】して他国に至らんと欲し、
其の中路に於て悪風雨に遇て寒苦並び至り多く蚊虻蜂螫【ぶんぼうほうしゃ】毒虫の吸い食う所となる、

恒河に逕由【けいゆ】し児を抱いて渡【わた】る
其の水漂疾【みず・ひょうしつ】なれども而も放ち捨てず
是に於て母子遂に共倶【とも】に没しぬ、

是くの如き女人慈念の功徳命終の後梵天に生ず、
文殊師利若し善男子有つて正法を護らんと欲せば
彼の貧女の恒河に在つて子を愛念するが為に身命を捨つるが如くせよ、

善男子護法の菩薩も亦是くの如くなるべし、
寧【むし】ろ身命を捨てよ
是くの如きの人解脱を求めずと雖【いえど】も解脱自【おのずか】ら至ること
彼の貧女の梵天を求めざれども梵天自ら至るが如し」等云云、

此の経文は章安大師三障をもつて釈し給へり、それをみるべし、
1)貧人とは法財のなきなり
2)女人とは一分の慈ある者なり、
3)客舎とは穢土【えど】なり
4)一子とは法華経の信心・了因の子なり
5)舎主駈逐【しゃしゅくちく】とは流罪せらる
6)其の産して未だ久しからずとはいまだ信じて・ひさしからず、
7)悪風とは流罪の勅宣【ちょくせん】なり
8)蚊虻等【ぶんぼう・とう】とは諸の無智の人有り悪口罵詈等【あっくめり・とう】なり
9)母子共に没すとは終に法華経の信心をやぶらずして頚を刎【はね】らるるなり、
10)梵天とは仏界に生るるをいうなり

この法華経の信心(=御本尊)を離さないことを、貧女がわが子を放さない譬えをもって示されたのである。
成仏の種子である妙法を受持し抜くことが、求めずして成仏の境涯に至る要諦であるがゆえに、門下に対して、いかなる苦難にも屈することなく信心を貫いていけば、必ず仏界に至ることを述べられ、励まされているのである。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村