貧乏の鉄鎖を切る(3)

3.感謝と愚癡と福運の関係。

四条金吾が、同僚らの讒言【ざんげん】や主君を折伏したことによる不興などから、長期間にわたって厳しい苦境に追い込まれていた。
師弟共戦の強盛な信心でその苦境を乗り越えた四条金吾は、三倍の領地を賜るという実証を示します。

ところがその領地が遠く辺鄙【へんぴ】な地にあることに、金吾は不満をもらします。
これにたいして大聖人は次のように指導されます。

いかにわろ(悪)くともわろきよし人にも又 上へも申させ給うべからず候、
よき(良)ところよきところと申し給はば又かさねて給はらせ給うべし、
わろ(悪)き処(ところ) 徳分なし(無)なむど候はば 天にも人にもすて(捨)られ給い候はむずるに候ぞ、
御心へあるべし。
(御書p.1183)

例え悪い点が目につくことがあったとしても、良いところです、良いところです、と褒め称えていく「感謝の心」があれば、また重ねて恩賞を賜ることもあるだろう。
それを愚癡の心に負けて、悪いところ徳分無しと謗【そし】るならば、諸天にも人にも捨てられるであろうと厳しく指摘されている。

このことに関して、感謝は福運を増すとして、その逆に、
「愚痴や不平・不満は、すでにある福運まで消してしまう」(趣旨)
と池田先生は指導されている。

 4.担当する組織は幹部の鏡。

もしあなたが学会幹部で役職を戴いているなら、自分が受け持つ組織をどれだけ盛り立てたか、繁栄・発展させたか、会員を増やしたか幸福にしたか、組織内に福運・功徳を漲らせたか、が即、あなた自身の生活に現れるのである。
組織は幹部である自分自身の信心を映し出す鏡である。

このことは経済面でもあてはまる。
もし幹部でありながら金銭面で苦しんでいるなら、自分が受け持つ会員の中に経済面で困窮している人がいないか、よく知るべきである。
十中八九、受け持つメンバーの中に、自分を上回るような貧乏にあえぐ会員がいるはずである。

そうであるなら、自分の困窮は後回しにしてでも、その会員が貧乏を脱するように、裕福になるように、まずは強盛に祈っていくべきである。
そのために折伏の息吹が足りないなら、折伏の歓喜を教えるべきである。
「戦わんかな」の意気が不足しているなら、あらゆる手を尽くして士気を高めるべきである。
もし確信が揺らいでいるなら、不動の確信を打ち込んでいくのだ。

メンバーの裕福を祈り行動を重ねていけば、自分が必ず裕福になる、自他ともに経済革命できる。
それを幹部でありながら、会員の悩みに目をつぶって、自己のふところ勘定だけを追い求めていくエゴイストには、永久に貧乏は脱せられないだろう。

5.法華経の行者の祈りは必ず叶う。

大事なのは「行者」であるかどうかだ。
祈りが叶うか叶わないかのカギの1つは、学会指導通りに実践し切っているかどうかである。

仮に長時間祈っていたとしても、祈りと行動がちぐはぐだったり、御書・学会指導から外れた行動をしていたとすれば、祈りは成就しない。
形式が大事なのではない、どこまでいっても「心こそ大切なれ」とあるごとく、師匠に誉めて頂けるような信心であるかどうか、常に怠りなく検証していきたい。

(平26.11.26 一部修正しました)

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


貧乏の鉄鎖を切る(2)

本テーマの第1回目では、お金を得て使う根本を「広布のため」との一念とすることが、経済革命の秘訣と述べた。
→貧乏の鉄鎖を切る(1)

引き続き「貧乏の転換」について考えてみたい。

まず初めに、思いつくままに論点を列挙してみる。
1.福運があるのか、無いのか? 経済力と福運の関係。
2.仕事と信心。 稼ぐ力の源。
3.感謝と愚癡と福運の関係。
4.担当する組織は幹部の鏡。
5.法華経の行者の祈りは必ず叶う。

では順に考察を進めていこう。

1.福運があるのか、無いのか? 経済力と福運の関係。

個人指導を受けた時など、経済的困窮に対してよく、
「戦って、福運をつけよう」
「客を呼び寄せるには、こちらに福運がないと客は来ない」
などとアドバイスされる。

金銭に困る=福運が無い との図式が背景にあるのだが、これは文字通り受け止めては問題があると私は思う。
なぜかと言えば、貧乏であることが福運が無いというなら、逆に金持ちは福運があることになってしまい、金銭の多寡【たか=多い少ない】によって福運があるか無いかが決まる、おかしな事態が生じることになる。

「蔵の財」 「身の財」 「心の財」 の3つの財の内「蔵の財」は最も重要性が低いにも関わらず、蔵の財の貧富がそのまま福運の貧富に直結するのは、誤りの部分が大きいと言える。
実は、信心の眼で見るならば、創価学会員として戦えること自体が、御本尊を持っていること自体が、最高の福運なのであり、貧乏か金持ちかに関わらず、最高に恵まれた仏の境涯なのである。

そうであるなら先の、貧乏=福運が無い との指摘の真意は、
「ともかく信心でとらえて戦おう、頑張ろう」
との信心の激励と取るべきなのである。

一応は、御本尊を持てたあなたは最高に福運の豊かな人なのだが、使命あって今は貧乏の姿を現じられている。
広布の使命を果たし切って、経済的にも福運豊かな姿に人間革命していこう、という意味にとらえるべきなのだ。

2.仕事と信心。 稼ぐ力の源。

信心してさえいれば大丈夫、というのは油断であり慢心である。
信心しているからこそ、人に倍する努力を惜しんではならない。
(趣旨)

これはよく聞く学会指導だが、信心しているからこそ人一倍の努力・研究・創意工夫を重ねていくべきである。
それぞれの仕事の内容は専門性が強いであろうから、仕事上の問題や悩みに1つ1つ、学会から解答をもらえる訳でも、「ここはこうしなさい」と言った指示がもらえる訳でもない。

しかし日ごろ学会活動で磨いた人格や交渉力、協調性、聞く力、実行力、仕事に取り組む真摯な姿勢などといった人間力は、企業人としても必ずや能力を発揮していける。
仕事の上で問題に遭遇した時も、強盛な祈りと実践で仏智を頂いて解決していくことができるし、あらゆる自己研さんや向上心の根本的エネルギーも、信仰から得てくことができる。

こうした信仰の結果、真剣な努力の結果として、あとから追【つ】いてくるのが人の評価や報酬である。
稼ぐ力の源に創価の信心があるのだ。
ここで『人間革命第11巻 夕張の章』から先生の指導を紹介する。

日蓮大聖人は仰せであります。
『天晴れぬれば地明かなり法華を識【し】る者は世法を得可きか』と。
『天晴れぬれば』とは『法華を識る』ことであります。
また『地明かなり』とは『世法を得可きか』となり、世法に通達【つうだつ】することです。
つまり、信心を根本にして自分の商売事業を改良したり、思索し工夫して、立派に事業を発展させ、境涯を高めてゆくこと
――これが大聖人様の御指南であり、学会の指導原理なのです。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


不可能を可能にする

不可能だから祈る。
最初から可能なら祈る必要はないし、信仰も必要ないと言える。

創価の信心には不可能を可能にする力がある。
目的地まで橋が無くて行けないとしたら、必要な橋が架かるのだ。

悩める友を根底から救う折伏をやり切っていけば、必ず祈りは叶う。
例え今は聞く耳を持たなくとも、相手の幸福を祈って、妙法の素晴らしさを一文一句でも語り、我が身で示していけば、自他共に福徳が命に刻まれていくのは間違いない。

「祈りとして叶わざるなし」と言われる創価の御本尊には、なぜ「不可能を可能にする」力用があるのだろうか。
なぜ不可能が可能になるのか、語ろうと思えばいろいろな角度から語ることもできよう。
八万法蔵と呼ばれる膨大な教義も、このことを説き明かしているとも言える。

大事なのは実践して体験することである。
理論的にあれやこれやとこねくり回すのではない、そんなものは像法時代の人師にでも任せておけばよいのである。
自らが実践して、生命の上に生活の上にどういう現証・実証が出るかを、自分が実感するのが、一番よく解るのだ。
そういう訳で『人間革命10巻』から、2つだけ指導を紹介する。

私どもは、立派な御本尊を戴いた。
世間の人びとの常識では、とうてい不可能と思いこんでいることを可能にする力が、御本尊にはあるのです。
ただあきらめて、不可能と思っている人は、妙法の力を知らない人たちです。
すべてを可能にする人は、その妙法の力を引き出すことのできる人です。
まず、強盛な祈りによって、不可能を可能とする実践が勇んで出てこなければなりません。

何なる世の乱れにも各各をば法華経十羅刹助け給へと湿れる木より火を出し乾ける土より水を儲けんが如く強盛に申すなり
(p.1132)

ひどい乱世で、佐渡におられる大聖人は、弟子たちをどうしようにも守ることはできない。
とても不可能なことです。
しかし、大聖人様の御祈念は、しっぽりと濡れた木をこすってでも、ない火を出させてみせる、またカラカラに乾いている砂漠のような大地から水を迸【ほとばし】り出させてみせる。
このように私は、強盛に祈っているのだとお認めになっている。
御本尊に対する祈りというものは、一大事のときには、このようなものでなければならぬとお示しになっているのです。
(引用、ここまで)

人それぞれに人生の途上には、人生を左右する一大事から、あるいはこれを達成しないと後がないという、一歩も引けぬ「まことの時」がある。
その時こそ、徹底した祈りを根本に、かつてない広宣流布の戦い・行動を起こしていくのだ。
その時、迷いの凡夫には見えないだけで、仏の眼から見れば、すでに不可能は可能となっているのだ。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


ボーン・フリー

音楽の紹介が2度続きましたが、もう少しおつきあいください。
古い映画ですが、アフリカのサバンナでライオンと人間との交流を描いた、『野生のエルザ』からサウンド・トラックです。

次は同曲の歌入りの動画です。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


トゥーランドット 他

プッチーニの遺作である歌劇『トゥーランドット』は、池田先生の新聞記事から知り、何年も前にDVDを購入しました。
トゥーランドットと言っても耳慣れないかもしれませんが、少し前に荒川静香さんがイナバウアーで金メダルを取った時に、バックに流した曲がトゥーランドットの1曲なのです。
それが次の『誰も寝てはならぬ』です。


この物語は異郷の王国の姫トゥーランドットが、3つの謎を解いた者と自分は結ばれるが、解けなかった者は死刑に処していた。
多くの王子たちが挑戦し謎が解けず、斬首され首をさらしていた。

そこに流浪のある王子が3つの謎を解き、姫の心を射止めるのだが、王子を慕っていた僕【しもべ】の娘リューは王子の命を救うため自らを犠牲にし、真実の愛を示したのであった。

特に、この歌劇の中でトゥーランドット姫が、なぜ氷の如き冷たい心を持つに至ったかを自ら歌うのを、最初聞いた時は驚きました。
超ドラマティック・ソプラノという技法らしいのですが、頭の血管が切れてしまうのではないかと思うほどの声量なのです。

You Tubeでは約2時間の全編も存在しますが、字幕が無いので理解しずらいでしょう。
日本語字幕入りで聞いてみたいという方は、こちらで購入ができます。

今回ラストは、少し古いポップスを1曲お聞きください。

(2月13日加筆・修正しました)

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村