国家資格試験の結果

このことに触れたくなくて、放っておいたのだが、ここで今年度を総括し再スタートを切ろうと思う。

8月初めの土・日に札幌に1泊して、5年目となる国家試験の1次を受けた。
その結果が先月、発表され、
「運営管理( オペレーション・マネジメント )」
「経営法務」
の2科目があとわずか一歩で科目合格を逃してしまった。
あと1問、もしくはあと数点取れれば両方とも合格であった。

他の3科目はパッとしない結果であり、どう打開していくか、さらなる努力次第だ。
6~7科目はすでに科目合格していたので、今年は免除だった。

受験直前は「今回はいけるのでは」との手ごたえのようなものを感じていたのだが、どこかでまだ甘さがあったようだ。
合格に必要な学習時間が少なくとも700~1000時間と言われる試験なのだが、私の記録では600~750時間ほどが実際に積み重なっている。
ただしこの時間は5年間もかかっての累計であり、150時間の幅があるのは、「財務・会計」の基礎として「簿記」のセミナーを受講した分を含むか含まないかである。

振り返ってみると「まだまだできるはずだ」との努力の不足を感じる。
多くの受験生はフルタイムの仕事をこなしながら、空き時間で学習している人が多い。
自分の場合、専門学校を受講していないことと、持病があるのが不利条件だが、自己の弱さに負けてる部分や、効率の悪いポイントのずれた学習をしている面が、多々あるのだと思う。
創大現役生で資格試験に臨む人が、「1日10時間勉強しています」と言うのをよく見聞きしたが、私の場合自営業もこなしながらであるが、休日でも6時間超えがやっとであった。

「資格というのは取ってなんぼだよ。
合格してこそ評価されるんだ。
僕は資格を受け続けて○年です、と言ったって誰も評価しないよ」
と壮年幹部の方に厳しく言われたこともあります。
その意味では、こういう場に事細かく書くこと自体も、恥の宣伝みたいなものになるのかもしれません。

そう指摘下さった人へ、
「そんな簡単に言うなら、あんたが合格してみなよ」
と喉まで出掛りました、正直言うと。
ま、でも、一理も二理もある指摘だ。
数ある知り合いの中で、そうした厳しくもハッキリ言ってくれる人も有り難い存在である。

それはともかく、ざっくり総括すると、
「まだまだ甘い、努力の余地が大きい」
となると思う。
1次2次ストレート合格は、旧司法試験に近い合格率3~4%位であるが、私の1次の段階では20%位がパスするのだから、この結果は余りにも不甲斐無い。
と、いうことで、来年度も気合を入れ直して頑張ります。

(こんな状態で、さらに「司法書士」とのダブル受験するべく、そちらの方も少しずつ学習開始した)

5年受けた国家資格の雰囲気が解る動画ということで、専門学校の無料動画を紹介する。
ほんの触りだけだが、雰囲気が伝わると思う。
動画は2つある。
「講義を視聴する」ボタンを押すと見ることができる。

専門学校の無料講義の動画


ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村