創価大学(3)

思い出に残る卒業式

ものごとに1から10まできれいごとで済むことは、なかなか無いと思います。
それでも人生の途上でほんの一時、宝のように美しい場面というか、一幅の名画のような光景に身を置く時があります。
その1つが私の場合、創価大学の卒業式でした。

私が学んだ通信教育は、入り口は間口が広くとも出口は狭い所でした。
入学するのは比較的簡単ですが、卒業を勝ち取るのは相当に困難な道のりなのです。
私の記憶では確か全学科合わせて、1年間に1000~2000人位の入学定員にたいして、卒業できるのは百人位だったと記憶してます。

日本の一般の大学が、困難な入試を大変な苦労をして突破して入学を勝ち取った後は、大学で4年間「遊んで」卒業得る、のがふつうと言われるのに対して、創大通教はちょうどその真反対ではないかと思うのです。
ですから私は容易な入学式は敢えて参加せず、困難な道を歩み切ってこそ参加できる卒業式に参加しようと決めたのでした。

こうして2年次編入学し5年かかって卒業式までたどり着きました。
そして卒業式では大きな大きな念願叶って、創立者・池田先生にお会いでき、直に1時間ほどのスピーチ(祝辞)も聞くことができました。
この卒業までの様々な苦闘や、創立者との出会いの模様は、本記事のテーマではありませんので、次回以降に述べたいと思います。

創大へ行ったことがある人は解ると思いますが、池田記念講堂というギリシャ神殿のような大きな建物で卒業式が執り行われました。
海外からの来賓を迎えての、創立者への名誉学術称号授与、卒業式典を滞りなく済ませ、私は卒業生の1人として池田記念講堂から出てきました。

すると在校生と思われる学生たちが集まり、盛んに祝福の声を掛けてくれるのです。
しかも在校生の人の群れは3重4重に並んで、控えの建物まで数百メートルにわたって、花道をつくっているのです。
最初、私は通学で卒業した先輩に、部活の後輩たちがお礼と祝いの言葉をかけているのだろうと思っていたのですが、その祝福が向けられている対象に私も確かに入っているのだ、と気づいたのです。
数百メートルにわたって祝福とエールの交換が続きました。

あの光景は今思い出しても、一生に2度と味わえない素晴らしくも気持ちの良い一時でした。
私は他の学校を悪くは言いたくないのですが、ふつうは型通りの式典をやって謝恩会で一杯酒を飲んで終わり、みたいなことが多いようです。
それに対して、創大の学生同士の真心の交換をあのように行なう、しかも号令されてではないことが、世界に誇れる素晴らしい創大の伝統の1つだと思います。

こうして1つ1つの苦闘や思い出の光景から、創大時代を思い出してみると、ほんとうに良い学校だった、人生最良の時を過ごさせてもらった、との感謝の思いが強いです。
創価大学を母校とできた身の福運に感謝し、今後の人生を力強く歩んでいきます。

→創価大学通信教育部 入学案内ムービー

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


連載の今後予定

連載中のものも含めて、今後の予定です。
まず教学については、開目抄の研鑽を始めたいです。
経王殿御返事の有名な御文を終えてから、開目抄に取り掛かりたいと思います。

未来部時代のこと、今度は自分が未来部担当者になってからのこと、も書いていきたいですが、これだと余りに過去に目が向き過ぎてますので、未来を見つめた自分らしい展望も記事にしていきます。

あと連載中の『不可惜所領事』も最終回を書き上げ完結させます。
そして『創価大学(2)』まで来ましたが、あと4回以上は続く予定です。
そのサブ・タイトルの予定は次の通りです。

(3)教育の真の意義 ~南の島の少年たち/ブランド漁り
(4)創立者のスピーチ
(5)思い出に残る卒業式
(6)レポート、スクーリング、読書、教職課程・・・等々

いま、思いつくところは上の通りです。
今後ともご愛読宜しくお願いします。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


創価大学(2)

今回は、創価大学とは直接関係ありませんが、進学を志した意外な(?)きっかけなどを書きます。

中学時代私は、漠然と「大学など行ってみたいな~」と思ってましたが、自信も無いし、親戚にも周りにも大学を卒業した人がいなくて、将来行きたいという気持ちを誰にも言えませんでした。
お金も掛かるし、遠慮もあったかもしれません。
私が大学を意識したのは劇的なことなどは何も無く、今にして思えばほんとうにツマラないことだったかもしれません。

小学生のある日、学校の帰り途で、ゴミ収集所からカラスが突いたのかゴミが散乱していて、捨てたノートが何冊か出ていました。
「なんだろう」と思った私は、そのゴミの中のノートをパラパラとめくって見ました。
今思うと、それは地元短大生か高専生か誰かのノートで、細かい字でビッシリと書込みや図が描いてありました。
当時はまったく書かれてることを理解できなかったですが、「世の中にはすごい世界があるものだ」「自分もこんな勉強がしてみたいな」と決意してしまうほど、強烈な光景でした。

おかしなはなしですが、ただのゴミでさえも勉強への意欲をかき立たせ、進路を照らす力があることに、今更ながら驚きます。
こうしてやがて1つ夢が叶い、国立の理工系短大である地元の高専に入学できたのですが、2年生の時に留年してしまったのです。

クラスに何でも語れる友人がほとんどできなかったこと、勉強が難しくなり勉強スタイルが分からず、何度か赤点を取ったこと。
もう一つは、このまま敷かれたレールを進んで卒業し、エンジニアになりサラリーマンになったところで本当に満足できるのだろかと迷い悩んだのが原因でした。

今でも恥ずかしく思いますが、学校へ行く朝に、押入れの屋根裏に1時間ほど息を潜めて隠れて、母をやり過ごし学校へ行かなかったこともありました。
あのころは本当に学校へ行くのが、嫌でたまらなかったです。

学会(未来部・学生部)活動も勤行の実践もまったくできていなかった時期でした。
今思えば、あのころ自分なりに悩んだからこそ、再び信心活動に復活できたのだと思います。
留年したために、同級生を普通の人の2倍の人数持つことができ、現在でも法戦などをきっかけにして交流が続いています。

それでもつい数年前まで、留年したころを夢でみてうなされることがありました。
一種のトラウマになっていたのかもしれません。

道内の別の高専を卒業した信心の先輩がいて、私が病気でUターンしたころ、
「高専は5年と長いこともあり、思い悩んで自殺する学生がいるんだよ」
とのことでした。
実際、私が在学中、シンナーの吸い過ぎで死んでしまった寮生がいて、報道されました。
その高専の信心の先輩は、今私がいる総県の幹部をされています。

私は高専は何とか6年で卒業でき、その後、さらに創大の通教も30代の時卒業でき、
「ほんとうによく卒業できたな~」
と自分で感心することがあります。

以上のようなことをあからさまに書くと、
「変な人間も居るものだ」
「創価大学と関係ないでしょ。創大に傷が付くから止してくれないか」
などの批判意見をお持ちの方も、もしかするとおられるかもしれません。

しかし上記のような、学問と自分らしく苦闘した赤裸々な体験も、読んでくれた1人の人でも励ましになれば、と思い記事に致しました。
不快感・不安感を持たれた関係者の方がいましたら、お詫びいたします。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


ロード・オブ・ザ・リング

盆休みということで映画『ロード・オブ・ザ・リング』第1作目を見ました。
上映されてからほぼ10年が経ったのですね。
You Tubeでも1本300円で、自宅に居ながらにして映画が見れるようになったようです。

下の3つの動画は、エンディングに流れた同一の曲です。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


創価大学(1)

昨年の5月22日に私が書いた創価大学(1)という記事を、以下に再掲します。
これから少し、学生時代の記憶を思い出して、記事を連載させてもらいます。

【以下は、昨年の記事の再掲 開始】

創価大学という大学があるのを私が知ったのは、もうかれこれ20年以上前になります。
その時私は、北海道の工業高専を卒業し、外資系大会社の正社員として勤務していました。

10年間の退転状態から復活し、真面目に読み始めた聖教新聞で、創価大学を初めて知りました。
しかし自分が創大へ行くとは、その時はまったく考えてもいませんでした。

大学くらいは出ておきたいものだと、ずっと思っていましたので、当時神奈川で1人暮らしでしたが、近くの大学をそれとなく調べたりしていました。
国立・横浜大学の経営学部の夜間へ通っている職場の先輩がいて、通学可能な距離でもありましたので、夜中から朝方にかけて車で横浜大学の敷地内を1人で見に行ったりもしました。
その先輩の自宅へ訪問したこともありましたが、数名で行ったためじっくり話しを聞けなかったこともありました。
筑波大学なども目がいったのですが、余りに遠くて無理でした。

一度、先生へ決意を書いた短冊を送りましょう、というのが当時の地元組織であった時に、 「働きながら大学を卒業します。広布の人材として力をつけます」 というような決意を書いた記憶があります。
丁度その決意をお送りした頃から、聖教新聞の先生のスピーチ等に、創価大学のことが取り上げられることが多くなった気がしました。

もう一つ、大きく動機づけられたことがありました。
それは、男子部の本部単位の活動者会などで、参加者の代表が立って一言、決意発表する時間がありました。
何人か立って決意を言うのですが、 「うむ? この人は何か他の人と違うぞ、話にキラッと輝きがあるぞ」 という人が決まって1人か2人話すのです。
しかも、その人が話しの終わりのほうで、 「創価大学を卒業しました」 と付け加えるのです。 そういうことが日を変えて会場を変えて何度も繰り返されました。
創大学生歌の3番に、

むらさきただよう武蔵の空に
沈黙(しじま)を破りて朝日は昇りゆく
学徒の姿に自覚(めざめ)て立てば
青山(せいざん)洋々(ようよう) かなたに富士が
雄々(おお)しき理想 馳(は)せたる君に
不二(ふじ)の峯(ね)真白く 染まりて嵩(たか)し
栄(は)えある路(みち)征(い)く 己(おのれ)に問うは
誰(た)がために 生命(いのち)の真(まこと)求むかな

という歌詞にある通りに、まさに学徒の姿に触発されて、目覚めよう立ち上がろう、としていたのです。
ただしその時は、こういう歌があることも知りませんでしたし、実際に創大生(通教生)となるまで、乗り越えねばならない試練が1つ2つと待ちかまえているのを、私は知りませんでした。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村