悪と戦え! -指導集(3)

●紙上座談会から(‘08年7月31日付)

 原田 一切は「師匠に対する姿勢」に表れる。
 退転する連中は、どいつもこいつも「恩知らず」だ。私利私欲に狂い、師匠の大恩を忘れ、師の偉大さに嫉妬する。そこから転落していく。
 正木 そのうえで、大聖人は恩知らずの裏切り者の本質を、鋭く見抜かれた。
 「よくふかく・心おくびやうに・愚癡にして・而【しか】も智者となのりし・やつばらなり」と喝破されている。
 三井 要するに「強欲」「臆病」「愚癡」「傲慢」ですね。
 正木 ①強欲! 金、酒、女に狂い、遊び狂って信心を失う連中だ。
 西山 ②臆病! 広宣流布の戦【いくさ】から逃げ回る卑劣なやつらだ。何かと屁理屈をこねて、折伏をしない。勤行をしない。学会活動をしない。
 総じて勇気がない。いるだけ足手まといの連中だ。

 派閥を作る輩

 原田 ③愚癡! 愚か者で、まんまと敵に騙【だま】され、操られ、踊らされる輩だ。
 こういう連中は、正しい学会指導を聞かず、勝手な派閥を作る。我見で組織を撹乱【かくらん】する。
 正木 そして④傲慢!
 師匠と学会のおかげで偉くしてもらいながら、恩を忘れ「自分は特別」と思い上がるやつらだ。
 そういう人間ほど、根が卑しい。虚栄、虚飾。自分を偉く見せようと、己を飾りたがる。
 笈入 学歴詐称の大ウソをついて「勲1等」をぶら下げ、有頂天になっていた男もいたな。
 原田 大聖人は「大慢のものは敵に随う」と厳しく仰せであられる。
 大恩を仇で返すばかりか、敵に寝返る。「城者として城を破る」ようになる。
 西山 だが、裏切り者の末路は、みな無残だ。
 戸田先生が「退転者は、不思議と、その堕地獄の姿を見せにくる」と断言なさった通りじゃないか。
 原田 戸田先生は、こうも厳しく語っておられた。
 “退転者が惨めな姿を世間に晒【さら】していくのは、いかに仏罰が恐ろしいかを、その姿で証明するためだ”と明言しておられた。
 正木 仏法の因果は厳しい。御書に「師子をほうれば腸【はらわた】くさる」と仰せの通りだ。
 原田 なによりも仏意仏勅の創価学会を追放されるということが、どれほど恐ろしいか。
 戸田先生が“学会を追放されるほど、恐ろしい、可哀想なことはない”と明確におっしゃった通りだ。

●名字の言から(‘08年8月18日付)

▼信長は、この直後、佐久間父子を遠国に“追放”した。勝った末の重臣への処分に、皆が驚いた。信長が自ら筆を執【と】って父子に書き送った「折檻状【せっかんじょう】」には、その理由が記されている。
▼例えば、5年間も在陣していながら何ら成果を出せなかった。相手を大敵だからと攻撃しなかった。守りさえ堅固ならば、いずれ敵は屈服すると安易に構えていた。同志の戦う姿に触れても奮起できなかった。戦況について一度も信長に報告や相談がなかった。そのくせ自分の蓄財だけは怠らなかった――等。怒りに震えながら信長が綴った“罪状”は、19条にも及んだ。
▼戦場に“居る”ことと、“戦う”ことは違う。惰性や慢心や臆病を排し、勝利に向かって勇敢に前進しようとしてこそ、本物の戦いと言えよう。
▼御書に「仏法と申すは勝負をさきとし」(1165㌻)と。私たちの広宣流布の活動も、友の幸福を願い、仏縁を広げる“戦い”だ。さあ、常在戦場の気概で、下半期も楽しく、友好の対話を拡大していこう!

●体験のページ、に引用された池田先生の言葉から(‘08年8月21日付)

 いくら泣き言を言い、運命を嘆いても始まらない。心強く生きる人が本当の幸福をつかむことができるのです。朝の来ない夜はありません。

●名誉会長のスピーチから(‘08年8月3日付)

法を壊す悪と戦う人が菩薩

一、天台大師の師匠である南岳大師の言葉に、こうある。
「もし菩薩がいて、悪人をかばって、その罪を罰することができず、そのために悪を増長させ、善人を悩乱させて正法を破壊させるならば、その人は、じつは菩薩ではない」(御書1374㌻、通解)
正法は全人類を幸福に導く。悪人は、その法を破壊する。
悪と戦ってこそ、菩薩なのである。
正義の師弟を貫くのは、「破折の精神」「折伏の精神」「広宣流布の精神」にほかならない。

ドイツの哲学者カントは喝破した。
「陰険な人間、それは思いやりがなく、冷酷で、人を傷つけて喜ぶ人間である」(『カント全集15』、岩波書店)
同じくドイツの詩人シラーは、「卑劣な人間がいるところ、嘘と陰謀がはびこる」と綴っている(戯曲「ヴァレンシュタイン」)。
戦おう! 正義を守るために。邪悪を打ち破らなければ、いい人材は育たない。

「清浄な創価学会の組織を撹乱【かくらん】する者を追放せよ」
これが、戸田先生の厳命であった。

また、牧口先生は、人事について「親分子分だけの関係で人事をやってはいけない」と戒められたという。
そういう人事は、結局、うまくいかないものだ。皆からも支持されない。
広布のための組織である。決して公私混同してはいけない。

(中略)
戸田先生は語られた。
「社会の不幸に目をつぶって、宗教の世界に閉じこもり、安閑【あんかん】とただ題目を唱えているだけなら、大聖人の立正安国の御精神に反している。
この世の悲惨をなくす。不幸をなくす。人権を、人間の尊厳を守る。平和な社会を築いていく。そのなかにこそ、仏法の実践があるのだ」と。
この「戦う心」を忘れ去ったのが、日顕宗である。

「民衆に慕われながら、民衆の生活の中に飛び込んで広宣流布していくんだ」と、率先して陣頭指揮をとられる戸田先生だった。
先生は、こうも言われた。
「権威なんか恐れることはない。だれ人たりとも恐れる必要はない。
権威を恐れていては民主主義が破壊される。それでは民衆が、かわいそうではないか。あくまで主権在民である」と。
どこまでも、民衆が強くなるため、民衆が賢くなるための学会活動である。最高幹部は心しなければならない。

●随筆 人間世紀の光 137 から

蓮祖大聖人の御一代の主戦場は、いずこであったか。

それは、東海道の天地である。

修羅闘諍の鎌倉時代――。
本来、民を救うべき坊主は、貴族の都の繁華に逃れて、安逸を貪っていた。都での分け前よりも多くを望んだ坊主は、幕府におもねり、鎌倉の大伽藍に庇護を求めた。
ただ己の我欲と保身のみであった。爛れた虚栄の軟風に侵された「京なめり」の腐敗と堕落でさえ、大聖人は痛烈に破折なされた。

不幸に喘ぐ民衆を救わずして、何が宗教だ!

苦悩の渦巻く社会の現実を変えずして、何が仏法だ! 法華経の魂は、腐りきった坊主の魔窟になど絶対にない。断じてない。

アメリカの人権の闘士キング博士は、人間の魂を脅かす社会悪に挑もうとしない宗教は「精神的に死にかかった宗教」であると、厳しくも断定している。


仏法の真髄とは何か。

民衆のなかへ飛び込むことだ!
人間のなかへ、社会のなかへ飛び込み、現実変革の怒濤を起こしゆくことだ!
この日蓮仏法の究極の実践者こそ、創価学会である。

 

 


巌窟王の信心 -指導集(2)

●本門の陣列は立つ!(11) 大白蓮華13-3月号

「(秋芳洞【あきよしどう】の)奥のところの岩に『巌窟王』と名称がついておりました。
戸田先生が牢に入った時に、
『俺は巌窟王になる。日本の国家主義は、牧口先生を殺した。殺したのだ。おれは必ず仇を討つ! 絶対に、牧口先生を死に至らしめた連中に鉄槌を下す!』と――。
すなわちそれは“広宣流布を成し遂げる!”という根本精神であることは当然でありますが、そのお言葉をよく私どもに話しておられました」


会長の声が力強さを増していく。
「皆さん方もずいぶん批判をされてきたと思います。また皆さん方の後輩も、大【だい】につけ小【しょう】につけ、批判され、いじめられてきております。
私ども幹部は団結して、
『どうだ、大聖人の仏法は絶対、正しかったろう!』
『広宣流布はできただろう!』。
批判していた人間、バカにしてきた人間たちが、
『本当に申し訳なかった。創価学会はたいしたものだ。私は負けた。どうか会員にしてください』
と言わせるぐらいの“巌窟王のような信心”を、お互いに、一生、してまいろうではありませんか!」


一呼吸、置いて会長は断言した。
「それが学会精神です!」
射抜くような眼光が参加者に、なかんずく青年に注がれた。


(中略)
続いて、先輩幹部の在り方を語っていった。
「くどいようでありますが、幹部の成長に尽きます。(中略)“仏法は勝負”です。“証拠”です。いくら幹部だからといっても、信心がなければ、真実の信心修行がなければ、功徳は出ません」


会長は、先輩が模範の姿を示すよう、強く訴えていった。
「功徳が現れていない人は怨嫉しているか、要領が良いか、ウソをついているか、またはヤキモチか、または何もやっていないか、カラ回りか、それは自身の心の中で反省してみれば分かることであります」


会長は強い期待を込めて語っていく。
「大勢の後輩が、皆さん方の姿を見ております。その責任も感じて、これだけ自分は“証拠”を示したという、一人一人になっていただきたい」
ただし――。
「どうか背伸びすることなく、自分らしく」進むよう望んだ。
会長は、見えを張ったり、自分を飾らないよう釘を刺したのだ。自分を飾っているかぎり、本当の人間としての力はつかない。

●新・人間革命 勇将7  13-2-20付聖教

発迹顕本――迹(しゃく)を発(ひら)いて本(ほん)を顕(あらわ)す。仏が仮の姿(垂迹)を開き、その真実の姿、本来の境地(本地)を顕すことを意味する。

日蓮大聖人が、鎌倉・竜の口で、まさに頸を斬られんとした時、江の島の方向から、「月のごとく・ひかりたる物」(御書914㌻)が現れる。その光は、月夜のように明々と人びとの顔を照らした。大聖人を斬首しようとした兵士は、目がくらみ、倒れ伏し、皆、怖(お)じ恐れて、蜘蛛(くも)の子を散らすように、逃げ出したのである。


「近く打ちよれや打ちよれや」(同)と、大聖人が声高に呼んでも、誰も近づこうとはしない。「頸切(くびきる)べくはいそぎ切るべし夜明けなばみぐる(見苦)しかりなん」(同)と叫んでも、返事もない。結局、頸を刎(は)ねることはできなかったのである。

諸天は、大聖人を守護し、大宇宙を動かしたのである。法華経には「刀尋段段壊(とうじんだんだんえ)」(刀は尋(つ)いで段段に壊(お)れなん)とある。

それは、一切衆生を救済せんとして戦い続けてこられた大聖人が、凡夫という「迹」の姿を開いて、その身のままで久遠元初の自受用報身如来、すなわち末法の御本仏の本地を顕された瞬間であった。大聖人は門下に対しても、次のように仰せである。
「日蓮と同意ならば地涌の菩薩たらんか、地涌の菩薩にさだまりなば釈尊久遠の弟子たる事あに疑はんや」(同1360㌻)
大聖人の仰せのままに、広宣流布に生き抜く創価の同志は、地涌の菩薩であり、その内証は久遠の仏の弟子なのである。


大聖人の誓願は、敷衍(ふえん)して言えば、御自身が発迹顕本されたように、末法の一切衆生を発迹顕本させることにあったといえよう。すなわち、一人ひとりに地涌の菩薩の使命と実践とを教え、御本仏の弟子として、仏の境涯を顕すことを念願されていたのだ。

熱原の法難をもって、大聖人が出世の本懐を遂げられたのも、殉難をも恐れぬ、農民信徒の強盛なる信心に、衆生の発迹顕本を御覧になったからであろう。

●第56回本部幹部会での名誉会長のスピーチ 06-1-6開催

一、私は心に決めていた。
“断じて、戸田先生に、次の会長になっていただくのだ。そして、広宣流布の指揮を縦横無尽に執っていただくのだ”


私は祈った。先生のために。学会のために。激闘の中で祈り抜いた。
もう寝ても覚めても題目。歩いていても題目。車の中でも、電車に乗っても、時間さえあれば、全て題目。
ただただ、題目を抱きしめて、この世の残酷な苦難をはね返し、戸田先生が第2代会長に就任される道を、命を賭して、切り開いていったのである。


思えば、初代の牧口先生が軍部と対決して牢獄につながれたとき、獄中までお供し、最後まで戦われたのは、戸田先生、ただお一人であった。
この「一人」が大事なのである。
その戸田先生を、人生の全てを捧げてお守りし抜いたのは私である。
ゆえに私は、第3代会長となった。


この究極の「師弟不二」の大闘争にこそ、今日にいたる学会の大発展の根本の因がある。それを、断じて忘れないでいただきたい。
三代の師弟は勝ちました!


 

 


進まざるは退転 -指導集(1)

最初にいくつかSGI会長のご指導を紹介したい。

『輝きの人間世紀へ ~御書とその心』から 115㌻

「大慢心の者は、いざという時に敵に従う」(287㌻)
これまでも悪侶や反逆者は、本来、自分たちと主義主張の反する勢力とも手を結び、野合して、正法を迫害してきた。それまでの敵とも、簡単に”同志”になってしまった。また、いよいよ追いつめられると、これまで罵【ののし】ってきた相手にも頭を下げて、保身を図るのが、大慢の人の行動パターンである。
(1990.12.9)

 

『平和の新世紀へ ~小説「人間革命」に学ぶ』から 97.㌻

「皆、口ではうまいことをいう。また、立派そうなこともいう。しかし、不惜身命の精神で妙法広布に殉じようとはしない。難を受けなかったということは、本気になって広宣流布をしなかったからです。いや、できなかったのだ」

 

2006.8.2 各部合同研修会

◆広布に戦う人は誰なのか?
一、法華経の法師品に、「仏を讃嘆すれば、無量の功徳を得るであろう。法華経を受持する者を讃嘆すれば、その福徳はまた、それ以上であろう」とある。
(中略)
本当に広宣流布のために戦っている人は、だれなのか。
その人を、どこまでも大切にせよ! 最大にほめ讃えよ! その功徳は無量無辺である ── それが法華経の心である。

◆婦人を大切に! 陰の人に光を!
一、大聖人は、この法華経の文を引かれた「国府尼(こうあま)御前御書」の中で、大難にも屈せず、懸命に大聖人をお守りし、けなげな信心を貫いてきた女性門下を最大に讃えておられる。
わが学会も、「創価婦人学会」といってもいいくらい、婦人部の皆さんが、広布の一切を担ってくださっている。本当に頭が下がる思いである。
男性幹部は、心して、婦人部、そして女子部の皆さんを、尊敬し、大切にし、讃嘆していかねばならない。
さらに学会は、警備や設営、救護、整理・誘導など、陰の立場で奔走してくださっている多くの方々に支えられている。
仏法の指導者は、そういう方々の労苦をきちんと賞讃し、それに報【むく】いていくことだ。その心が幹部にあれば、学会は、今の10倍の力を発揮することができる。

大聖人の「聖愚問答抄(しょうぐもんどうしょう)」の一節を拝したい。

 「世に四恩あり之を知るを人倫となづけ知らざるを畜生とす」(御書491㌻)
──世の中には、四つの恩がある。これを知る者を人倫【じんりん=人の道に適【かな】った人間】と名づけ、知らない者を畜生というのである──と。
恩を知るのが、人間である。恩を知らないのは、畜生である。
これは大聖人の御金言である。恩知らずは、人間を名乗る資格はないのである。
私たちは、絶対に恩知らずになってはならない。御書に仰せの通りに実践していかなければいけない。これが根本である。

 

2006.2.28 全国代表協議会での名誉会長のスピーチ

◆悪の根を断て
一、ここで、御書を拝してまいりたい。
大聖人は、門下のなかで、大聖人を裏切り、退転していった者の特徴について、こう仰せである。
「臆病で、教えたことをすぐ忘れ、欲が深く、疑いが多い」(御書1191㌻、通解)と。
また、こうも言われている。
「能登房【のとぼう】は、現実に味方であったが、世間の恐ろしさといい、欲深さといい、日蓮を捨てただけでなく、敵となったのである」(同1225㌻、通解)
現代も、方程式は、まったく同じである。
見栄ばかりで、本当の信心を貫く勇気がない。そして、学会を利用するだけ利用して偉くなるや、慢心を起こして、学会と同志を見下す。純粋な信心を失って、最後は退転し、反逆する ── そういう醜い忘恩の輩【やから】がこれまでもいた。
その本性は、「臆病」であり、「愚か」であり、「貪欲(どんよく)」であ
り、「不信」である。
こうした人間をのさばらせては、真面目な同志が、かわいそうである。広布の邪魔になるだけである。
ゆえに、正義の声で徹して糾弾(きゅうだん)し、責めて責めて責め抜いて、その悪の根を断ち切っていかねばならない。

◆「嫉(ねた)みは全ての良いものを抑える」

(中略)
恩知らずの者が、学会を利用し、信心を利用して、学会員を踏みつけにしたり、苦しめたりするのを絶対に放置してはならない。

不知恩と戦うのが信心の指導者である。
戸田先生は、恩を忘れた者には厳しかった。
ある時など、「忘恩の師子身中の虫は、叩き出せ! 」と激怒して叫ばれた。
大聖人は、「不知恩の人なれば無間地獄に堕ち給うべし」(御書895ページ)とも仰せになっている。
これまで私も多くの人間を見てきたが、忘恩の者の末路は、例外なく御聖訓通りの哀れな姿であった。だからこそ厳しく戒めていくのである。

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村