インドの友を歓迎

研修会で来日したインド創価学会(BSG)のメンバー9名を、地元会館で歓迎メンバーとしてお迎えしました。歓喜漲る交歓会となりました。余り良い写真が撮れませんでしたが、1~2枚目は到着前の待機中の写真です。花でかたどったBSGの文字が見えます。天井からは、無事故・大成功を祈ってきた全地区の唱題表が掲げられています。

BSGメンバー歓迎会場ロビーの様子1

 

BSGメンバー歓迎会場ロビーの様子2

3枚目の写真は29日の聖教新聞の1面です。我が苫小牧の写真は掲載ならなかったです。2枚の緑と赤のカードは、来訪したインド・メンバーから私達歓迎メンバー等にプレゼントしてくれた記念の品です。

聖教新聞5月29日付1面

よく新聞に海外メンバーとの交流の模様が載っていることが、我が家の茶の間の話題になっていました。「北海道のましてこんな片田舎に、海外メンバーが来ることは永久に無いだろうね」という会話をしていたのを思い出します。戸田先生が池田先生に託した「仏法西還」「世界広宣流布」を担った海外の同志が、はるばる会いに来てくれたのです! 願いが叶い、こんなに嬉しいことはありません。

一緒に参加した壮年部の後輩も大歓喜していました。4人のBSGメンバーとハイタッチできたと喜んでいました。来苫したインドの友の顔や表情の色つやの良さ、颯爽とした動作、そして会館に集った苫小牧の全メンバーを圧倒する位の気迫漲る挨拶の声など素晴らしかったです。歓迎側も英語で挑戦した合唱や和太鼓、体験発表等々、本当に思い出に残る交歓会となりました。広布拡大の対話へと大きく挑戦し、一歩も二歩も成長の節目を刻めました。間違いなく、新たな世界広布の源流が開かれたことと確信します。(次の歌は、合唱で歌われた2曲です)

→大楠公

 

(平30.5.29 修正しました)

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


News 南北首脳会談、野党の国会放棄

歴史的会談の後の進展を見守りたいと思います。

2つ目のニュースは最近の与野党の攻防についての記事の紹介です。

→野党の国会放棄に批判高まる――政府を追及せず官僚叩きに終始

 

末尾に、前回の記事ですがいろいろ考えた末に、非表示とさせて頂きました。詳細は略しますが、少し心理状態が不安定になっていたのだと思います。ご了承ください。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


世界青年部総会

本日、青年部を連れ出しして世界青年部総会へ行ってきました。壮年・婦人は別な部屋で同放を見る形でしたが、青年の情熱漲る国際色も豊かな、素晴らしい総会でした。全世界1500会場をつなぎ青年部員だけで75万人が集いました。「学会はとうとうここまで来たか」と、見ていて感動で何度か胸が詰まりました。

自分も過去に何度か、1万人~2万人規模の会合に参加してきました。3日前に電話で話を聞いて全国学生部大会のため、北海道から東京の武道館に行ったこともあります。全国の数百大学の学生部が一堂に会しました。当時の青年部長が太田昭宏さん、学生部長が谷川佳樹さんです。今日の総会はスケールも熱気も、はるかにそれらを超えるものでした。

ここ最近、地元青年部を何度もまわる中で、30年以上前に武道館に集ったりしたことが思い出されてなりませんでした。1人の青年の活躍の陰に、どれほどのおじちゃん・おばちゃん達の真剣な思いと祈りがあることか。その期待を裏切らず大成していって欲しいと、思いを新たにしました。

大震災からちょうど7年の今日、総会では会長指導の中などで、復興へ闘う東北の方々を皆で讃える時も持たれました。正にこの日に、日本・世界の青年が広布のバトンを受け継いだことは、世界の平和と安穏実現への大きな象徴です。昨年の核兵器禁止条約の採択、さらに先日の米朝首脳会談の進展と、世界青年部総会開催と時を同じくしたのは偶然ではないと思います。先生の指針にあるように「青年の情熱と力」こそが、世界を変えるのですね。

3・16という後継の儀式に集い合った、池田先生を中心とする当時の青年を源流とした、60年にわたる一つの総決算の姿が今日の会合でした。その時に、応援ではありましたが馳せ参じることができ、最高の喜びです。池田先生、同志の皆さまに感謝申し上げます。これを励みにして、これからも広布の戦いに喜び勇んで戦っていきます。

(H30.3.13 一部、修正しました)

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村