世界青年部総会

本日、青年部を連れ出しして世界青年部総会へ行ってきました。壮年・婦人は別な部屋で同放を見る形でしたが、青年の情熱漲る国際色も豊かな、素晴らしい総会でした。全世界1500会場をつなぎ青年部員だけで75万人が集いました。「学会はとうとうここまで来たか」と、見ていて感動で何度か胸が詰まりました。

自分も過去に何度か、1万人~2万人規模の会合に参加してきました。3日前に電話で話を聞いて全国学生部大会のため、北海道から東京の武道館に行ったこともあります。全国の数百大学の学生部が一堂に会しました。当時の青年部長が太田昭宏さん、学生部長が谷川佳樹さんです。今日の総会はスケールも熱気も、はるかにそれらを超えるものでした。

ここ最近、地元青年部を何度もまわる中で、30年以上前に武道館に集ったりしたことが思い出されてなりませんでした。1人の青年の活躍の陰に、どれほどのおじちゃん・おばちゃん達の真剣な思いと祈りがあることか。その期待を裏切らず大成していって欲しいと、思いを新たにしました。

大震災からちょうど7年の今日、総会では会長指導の中などで、復興へ闘う東北の方々を皆で讃える時も持たれました。正にこの日に、日本・世界の青年が広布のバトンを受け継いだことは、世界の平和と安穏実現への大きな象徴です。昨年の核兵器禁止条約の採択、さらに先日の米朝首脳会談の進展と、世界青年部総会開催と時を同じくしたのは偶然ではないと思います。先生の指針にあるように「青年の情熱と力」こそが、世界を変えるのですね。

3・16という後継の儀式に集い合った、池田先生を中心とする当時の青年を源流とした、60年にわたる一つの総決算の姿が今日の会合でした。その時に、応援ではありましたが馳せ参じることができ、最高の喜びです。池田先生、同志の皆さまに感謝申し上げます。これを励みにして、これからも広布の戦いに喜び勇んで戦っていきます。

(H30.3.13 一部、修正しました)

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


適応機制

「適応機制」―てきおうきせい は「防衛機制」とも言われるそうだが、初めて目にしたのは、年齢制限で断念するまで8回にわたって受け続けた教員採用試験であった。心理学の概念であるが、今では介護現場などでも学ばれているようである。

人間の複雑微妙な「心」のはたらきを一歩深く知るための一助として、紹介したい。

 

 

 

→適応機制の解説1

→適応機制の解説2

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


初級・青年3級試験の結果

初級・青年3級教学試験たいへんにお疲れ様でした。自分は今回現場で壮年部2名を担当させて頂き、見事2人とも合格されました。

6月末から計12回、毎回約2時間の勉強会を完走しきったメンバー。勤行が持続できていない人でしたが、12回全回で共に勤行・唱題から学習をスタートし、効率よく研鑚を進めることができました。合格の報を届けると、ガッチリと握手を求められ、満面の笑みで喜んでくれました。学習当初に本人が云うには、「約20年、試験を受けずにパスしてきました」とのことで、感慨もひとしおだったようです。もうひと方は大変に努力家のメンバーです。一緒に行なった学習会の回数は少なかったですが、「そこまでやるのですか」という位、徹底してノートに大百の解説を書き写していました。私が作成した問題集にも真剣に取り組んでいました。

このお二人は合格されましたが、なかには結果が出なかった方もいると思います。私自身も、3級では1度苦杯を舐めています。今にして思えば、自分の場合は気持ちのどこかに「逃げ」があり、真剣味が足りなかったのです。その後、境遇において一度どん底を味わうこととなり、「逃げてはいけない! 立ち向かうしかないのだ!」と腹の底から学んだ出来事でした。

今回、不本意な結果だった方々も、一人一人置かれた状況は大きく違ったことでしょう。多忙ななか、何かと大変ななか、受験したこと、受験を決意したこと自体が勝利です。「信心の合格者」と胸を張ってください。結果はどうあれ、「次の勝ちの因を刻んだのだ」と確信してください。大聖人の仏法を学べること自体が、何にもまして最高の福徳なのですから。

話が飛んで私事にもなりますが、今回の学習会をやり切った最終日の丁度翌日から、大きな仕事を受注することができました。突然の支援の戦いと重なって多忙を極めていますが、充実した日々を過ごしています。

御書にある通り、仏法を学べば学ぶほどいよいよ信心に励む人こそが、本当の求道心ある人です。合否を超えて、今回の試験を受験した人も担当者も、題目の応援をしてくれた人も、全員が地域に広布拡大の波動を起こしていきましょう。

 

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村