平和への道を選んだ軌跡

この動画は、テロリストの息子として生まれ育ったザック氏が、平和への行動を選びとるまでの体験を講演したものです。
英語による講演ですので、日本語字幕を表示するには、右下の歯車のボタンをクリック→字幕→日本語 を選択してください。

 

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村


集団的自衛権への私見

まず初めに断わっておきますが、安保法制に関して甚だ不勉強なため、以下の文章はいち市民の私見として認識ください。

最初に与党の一員として公明党が安全保障にも重要な役割を果たすまでになったことを、私は胸中、素直に喜んでいます。
安全保障といえば国家にとって最も重要な課題です。
公明党は平和の党の草分けとして、今回の安保法制においても明確かつ強固な歯止めを全法律に明記させ、国の舵取りを誤ること決してなきよう最重要の仕事をしました。

一連の安保法制への要【かなめ】としての参画により、公明党は名実ともに与党の一員となったと、私は「よくやっている」と称賛を送りたいのが偽らざる心境です。

ある識者は公明党は「平和の党」という「看板」に一時的に傷がついたとしても、日本とアジアの平和を守るという「実」を選択した、優れた判断であり仕事をした、と評しました。
党利党略でどう見られるかという計算の上に口だけ無責任に平和を唱えるのでなく、民衆のために平和を現実のものとするための道を選択したのです。

それに対して野党は、さも日本が自ら戦争をできるようにするのかとの、ネガティブキャンペーンを繰り返しています。
尖閣諸島や竹島など領海をめぐる緊張や、遠く南沙諸島での中国や諸外国の動きに対して、旧態依然とした構えのみで手をこまねいていいはずがないにも関わらずです。

例えば中国の国防費は急激に膨張を続けており、近い内にアメリカにも匹敵する規模になると言われています。
具体例としては、中国はロシアから買ったものを改造して空母をすでに持っています。
これもアメリカの第7艦隊を意識し対抗したものと言われています。

どこの軍人もそうですが、シビリアンコントロールの現代では、軍部の暴走は厳格に抑制されている下で、軍事戦略上の机上の地図の上では、隙あらば日本の領土を虎視眈々と狙う計画が幾つも、かの国の軍人たちには練られているそうです。
実行可能性がどこまであるかは別として、軍人の職務の性質上、日本国民として驚かざるを得ないような、プランが多数存在するそうです。

かといって武力には武力で応じていけば、双方、軍拡競争となりエスカレートするしかない。
反対に、平和ボケした頭で、平和平和と連呼しているだけでは、いいように蹂躙される事態を招きかねない。

したがって、専守防衛を堅持しつつも、新しい時代の現状に目配りし対応させた、隙間や切れ目のない法整備が、的確かつ速やかに為されなければならないのです。

他国防衛を目的とする集団的自衛権行使は認めないようにするために、公明党が政府に強く主張した結果、次の「新3要件」が法文にすべて明記されました。

新3要件
(1)わが国に対する武力攻撃が発生した場合のみならず、わが国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これによりわが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆【くつがえ】される明白な危険がある場合

(2)これを排除し、わが国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がないとき


(3)必要最小限度の実力を行使

集団的自衛権という文言は有るものの、実質的にはそれを発動する機会は厳格に歯止めを掛けられ、現実の行使はほぼあり得ないと言えます。
しかしこうして、周辺諸国に対して、隙なく睨みを効【き】かせることで、無用な摩擦や衝突、緊張などを抑止する効果があるのです。
戦争のための安保法制ではなくて、真の意味は、戦争を未然に防ぐための今回の安保法制なのです。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


テロとの対話

10日昼過ぎアフリカ・ナイジェリアのある市場で、10歳位の少女による自爆テロが起き、20人以上が死亡しました。
その少女には爆弾が巻き付けられており、遠隔操作で爆破されたようです。
少女自身は自分の体に何が巻き付けられているかは知らなかったのではないかとのことです。

→ヤフー映像ニュース

悲惨にもかねてから女性の自爆テロは時々、耳にしていましたが、子供にまで及んでしまったということで、胸がえぐられるような思いです。
なぜ未来ある子供までを、テロに利用しなければならないのか。
テロリストの卑劣な行為は、絶対に許されるものではありません。

テロリズムの目的は、暴力により敵対者に恐怖を与えることが目的だそうです。
よく「テロに屈してはならない」という言葉も聞きます。

イスラム国の台頭や、フランスでの銃乱射・立てこもり事件など、テロが頻発しつつある世界で、幸いにも日本は平穏を保っています。

もちろん暴力に屈してはなりません、断固たる強い態度でテロ勢力へ対峙することが必要です。
暴力という手段を取ること自体、ましてや子供を自爆に使うという卑劣極まりない行為を、絶対に防がなくてはならない。

その上で、テロを用いる側にも、何がしかの言い分があるはずです。
その背景には大国に対する恨みがあるのかもしれませんし、生命論で言えば地獄界に捉われてしまっているのでしょう。
もしかすると大国の過去の軍事行動等により、身内を殺され国を蹂躙【じゅうりん】されたとの、強い憎しみを持った人たちかもしれません。
対話を放棄し暴力に訴えている者に対して、対話のテーブルに着くことを勧めること自体無理があるかもしれません。

私はこの分野の専門家でも何でもありませんが、こうした難しい問題にも関わらず、「万難を排して双方が、対話のテーブルに着く」ことを主張し願わずにいられない。
対話に臨んで来た、テロの指導者や交渉者を逮捕・拘束等せずに、双方が身の安全と元来た所へ無事に戻れることを保障して、対話・交渉することを第一目的にして、対話のチャンネルを確保するのです。
例えば中立的立場の第三国に対話の場を置いても良いでしょう。

テロリストたちが用いる暴力的手段は絶対悪です。
しかしそのテロリストたちを根絶やしにするまで、暴力にはそれを上回る力で応ずるしか、本当に方法は無いのでしょうか。
大国や先進諸国の論理の犠牲になった人々、或いはそれらの恩恵に預かれなかった人々の、苦しみと恨みなどの感情が背景に多く存在することがテロの温床になっているのかもしれません。

であれば、大国や先進諸国が、そうした人々の意見に聞く耳を多く持ち、世界や自分たちの国の舵取【かじと】りに活かしていく姿勢を持つことが、テロを縮小していく智慧だと思うのです。

もう少し待ちますと先生のSGI提言が発表になります。
今年はこうした問題などに対して、どのような提言が為されているかが今から楽しみであります。

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村