創価村は酷く荒んでしまった

ブログ村サービスの幾つかのカテゴリに本ブログを登録している。その中の創価学会村カテゴリ(略して創価村)は、ここ最近酷く荒【すさ】んでしまったとの感慨を持っているのは、私だけではないと思う。とても胸を張って紹介できるものではない。とてもではないが、今の「創価村」にはリンクしたり誘導したいとは思えない。

「ダメ出し」「金を払って、聖教新聞をとらされている。云云」「フーテン」「半覚醒」「元バリ活の自分が・・云云」「創価学会を卒業します」「遊女」「正林寺」「ニセ本尊から解放」

「名は体をあらわす」というがざっと並べて見ただけでも、あるはあるは。名前や紹介文を見ただけでも「お里が知れる」というものである。その正体は、退転者や反逆者、学会に籍は置いているものの、学会指導についていけず批判を繰り返す内部退転者の類である。あるいは、なぜわざわざ創価カテに登録するのか理解に苦しむものばかりである。

なぜここまで創価カテは荒んでしまったのか。それは信心が有るか無いかが登録条件になっていないからである。学会とはまったく関係ない会社が運営しているブログ村であるから、当然といえば当然なのかもしれない。要するに何でもあり、であったとしても我慢して利用するか、または、どうしてもそれが嫌なら立ち去って見ないようにするか、あるいは、周りに紛動されず如蓮華在水で行くか、のいずれかである。深き信心で健筆を揮ってくださっている方々も厳然とおられる。要は賢明に取捨選択していく信心の眼力がこちらにあるかどうかだ。

以上の理由から、創価カテのアイコンを各記事から外すようになって久しい。今の創価カテに誘導してしまえば、もし信 弱き人であれば、簡単に紛動されてしまうかもしれないからである。「これが創価学会です」と紹介するには、創価村は余りにみっともなくて、とても紹介できるものではないということもある。これにより、創価村関連のアクセス数とランキングは大きく下がったが、最善の方法だったと確信している。

五濁悪世の世の中であるから、創価カテもその縮図となるのは自然なのかもしれないが、仮にも創価学会の名を冠している場である。「三変土田」とあるように、確実に浄化されることを祈るものである。

 

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

にほんブログ村


新会館と10万アクセス

先日の2月26日に地元の全同志の歓喜に包まれ、新会館が開館となりました。総県の中心会館として、充分な広さと最新の機能を持つ立派な会館ができ、未だ夢でも見ている心地です。これを好機として、世界広布は北海道苫小牧からとの意気で、先生に報恩感謝の戦いをしていきます。ぜひ近くにお越しの際はお立ち寄りください。お待ちしております。


話題を転じて、本ブログ「夢の醸造所」はバージョン2.0から3.0へと変遷する中で、満5年余りかかって10万アクセス突破しました。初期の「夢の醸造所」から数えると満13年で合計30数万のアクセスを頂いたことになります。つたない文章にいつもお付き合い頂き誠に有難うございます。

また新たな決意で、これからも信心根本に精進していきます。今後とも何卒宜しくお願いします。

 

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村


彼の歌はこの世のものではない

まず驚かれた方もいるかもしれませんが、本ブログ(WordPress)のテンプレートを最新のものに変えました。最初は少し使い勝手が悪いかもしれませんが、慣れるまでご辛抱ください。

最近、動画の紹介が続いていますが、何も言わずに次のものをご覧になってみてください。

 

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村


SNS連携しました

各記事ごとにSNS連携のボタンを、記事末尾に設置しました。

(1) Facebookのいいね!/シェア・ボタン
(2) Twitterのツイート・ボタン
(3) mixiのチェック・ボタン

の3つが記事ごとに末尾に表示されるように致しました。これによりFacebook等のSNSにシェアして頂いたりが、簡単な操作で出来るようになりました。ただし、これらのサービスに登録していない方は、このボタンの機能をご利用できません。

あとは、紹介されるにふさわしい記事を書いていけるよう、より一層精進してまいります。

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村