須達長者

公式サイト内の『祇園精舎を供養したスダツ長者』の紹介です。スダツ長者は釈尊の弟子で、7度貧乏になり7度 富者になった人です。
ご覧になるには、次のバナーをクリックしてください。

soka%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88

 

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへにほんブログ村


貧乏の鉄鎖を切る(8)

 戸田城聖先生 質問会集から抜粋
~経済的問題とその答えだけを抜粋しました(つづき)

 

経済的悩みが大きくなった

[質問] 経済的な悩みで信心して二年になりますが、だんだんその悩みが大きくなっている状態です。

[答] 四十歳ぐらいで、商売を熱心にやっていればだいじょうぶです。金はもうかるようになります。しかし、あまり若いうちから、金はできないほうがいいでしょう。五十ぐらいからでどうですか。このなかに、経済的に悩んでいる人もあろうと思うから、私の体験を一応話しておきましょう。

私はヒバリのような運勢といわれているのです。それは、貧乏すると、どこへもぐったかわからないほど貧乏をしてしまう。それからひとたび景気がよくなると、どこまであがっていくかわからないのです。ですから友人は、私のことをヒバリというのです。
四十四のとき、牢へはいる前ですが、昭和十八年です、そのとき六百万円もっていました。どうやってできたか自分におぼえがないのです。それが牢から帰ってきたら、借金が二百何十万残っているのです。

それを返し、そうとう財産をつくってから謗法をしたのです。私が天台流の講義をやったのです。それは、私が会長にならなければならない宿命なのです。だが、会長になるのがいやでたまらなかったのです。会長にならないというと、身は日蓮大聖人の弟子でありながら、講義は天台流の講義をしたのでは、心は天台の弟子です。それは大謗法です。自分の謗法というのは気がつかないものです。それでえらい損をしました。

それで私は、昭和二十六年、会長になりました。それから、天台流の講義は絶対にいたしません。おかげで、どうやら金では今日は困りません。だから戸田は、創価学会をやっているから、私たちの寄付でのんきにやっているから、そんなことがいえるのだろうと疑ってはなりません。それはあなた方のほうから一銭ももらってはいません。ぼくに金をくれたという人がいたら出てごらんなさい。それは、あそこへ普請【ふしん】している大講堂の御供養のお金はもらっています。だが私がもらっているのではありません。あの建物がもらったのです。

私がどうにかなったのは、五十二からです。四十四のとき、六百万ももったとき、たいてい五十から財産ができると人は話しているが、私は頭がいいから、人より十年早いのだと、いばっていたのです。ところが、パッとなくなってしまったのです。五十を越してからどうにかできてきました。だから、そうあわてる必要はありません。

それから、いま、あなたのことばをきいていると、ひょっとすると、利息を払っている金を借りているのではないかと思うのですが、利息を払うということはこわいことです。
「だいぶ利息をとったから、元金を利息でとったから、おまえの借金はまけてやる」という人は、どこにもいないのです。だから、もしあなたが借金をして、利息を払っているのなら、そこを打ち勝たなければならないのです。これがいちばんの根本の問題です。このような場合、利息を払う人があるものですか。だから利息など払わないようにと考えるのです。これは大事なことです。

しかし、銀行の利息くらいは、払ってもよい。二銭か、二銭一厘の利息を払って、商売をやれないようなものなら、商売をやらないほうがいいです。ところが、まぬけな人は、日歩十銭だとか十五銭だとかいう利息を払うのです。そんなものを払って、商売などできるものですか。日歩十五銭とすると、年にして六割、月にすると五分ぐらいです。そんな金を払って商売などやれるわけがありません。

ですから、いまの人が二年半も信心して、だんだん重苦しくなってきたというのは、手形をだして、たくさん利息を払っているのでしょう。それをやめるのです。二年も三年も信心していて、金ができないというのは、たいてい高利を払っているのです。このなかにも、そういう人がいるのではないですか。断じて高利など払ってはなりません。それをどうしたら払わないですむかということを考えるのです。そうして、そこからのがれれば、いやでもおうでも、謗法さえなければ、商売は一生懸命になるし、金はできるに決まっています。ところが、いくらもうけても、高い利息を払ったらどうにもなりません。それで、不熱心はだめです。

折伏だ折伏だといって、商売もしないで、折伏に歩いている人がいるのです。このなかには、そのような人はいないでしょうね。折伏はすべきである。しかし商売を放ってまですべきではありません。四条金吾殿という方は、ひじょうにりっぱな方でありまして、本名は四条中務三郎左衛門尉頼基【なかつかささぶろうざえもんのじょうよりとも】と申し、左衛門という官名が中国で金吾というので、四条金吾となったのです。日蓮大聖人様が打ち首になるときに、もし、日蓮大聖人様が首を切られたら、追腹切って死のうとした方です。

それほど信心強盛な四条金吾殿が、折伏によって同僚からざん言されて、主君から不興をかったときに、日蓮大聖人様は、主君の御恩をけっして忘れず、今こそ武士の本分を尽くすよう指導されています。また、あるお方が、お手紙を日蓮大聖人様にさしあげたのです。「このごろは忙しくて、法華経を読むひまがありません」と。そのときに、日蓮大聖人様の御返事が「御みやづかい(士官)を法華経とをぼしめせ」(御書全集1295㌻)、勤めが法華経である、商売が信心であるというのです。

この商売に熱心でなかったならば、いまの方はどういう方か知りませんが、高利を払っているということは、不熱心ということです。そうでしょう。合理的ではありません。
それをやめなければなりません。どうやってやめるかを考えなければいけません。その人、その人の事情によるからです。「御みやづかいを法華経とをぼしめせ」、商売が信心です。その商売を熱心にやらないで、金ができないなど、不熱心ではありませんか。自分のもうけただけそこへ払うならまだいいですけど、ひどいばかは、借りてまで利息を払うのです。そのようなばかなことをしていて、商売熱心だといわれますか。私は、商売熱心ではないと思います。不熱心です。どうか、熱心にがんばりなさい。

 

お金の出る方が多い

[質問] お金がはいるより、でるほうが多いのですが、なんとかなりませんか。

[答] 「大白蓮華」に、過去世に泥棒をやってきたものは、毎日毎日はいってくるお金はあるけれども、それより早くお金がでていってしまうと、私が書いたのですけれども、勝手に書いたのではないのです。それは、釈尊がいっているのです。私がいったのではありません。その次には、日蓮大聖人様がおっしゃっていることがあるのです。「般泥洹経【はつないおんきょう】に云く」とおっしゃっているのです。ここが問題なのです。

経の内容は「おまえは貧乏人だと、どういうわけかというと、前の世に泥棒したから貧乏なのだ」と。「はあ、そうでございますか」といって、「それでは、私過去に泥棒したのですか、よくわかりました」といっただけでなんになりますか。このなかにも、そうとう過去世の泥棒がいるらしい。さきほどの奥様が、永遠の生命論を教えてくれといったが、それを聞いただけでなんになりますか。いま私のところにお金がないのは、過去世の泥棒のせいだ、これから泥棒してはあいならん、また未来世においてこういう貧乏するといわれて、それがもっともだとわかってどうしますか。貧乏を喜んでいけますか。そこに、釈尊の仏法と、日蓮大聖人様の仏法との相違があるのです。

いろいろ貧乏をしているのは、過去に泥棒したからとわかっても、「申しわけありません」と、だれにあやまるのですか。だれのをとったのかわかっていないし、覚えていません。わかっていれば返しに行けるけれども、だれのをとったのか覚えていない。それなのに文句をいわれて、貧乏人にされるのは迷惑です。仏様もずるいです。われわれにはわからないのですから。「そういうわけで、おまえは貧乏しているのだから、がまんしていろ」というのは、それはお釈迦様のほうがずるいです。

それを、日蓮大聖人様が、「そうしんぼうすることはいらんぞ。どうせ前の世では、おまえらろくなものではないのだから助けてやる」と大慈大悲を起こされたのです。観心本尊抄という御書に、はっきりしていますが、「ここで御本尊をおまえたちにあずけておくから、この御本尊を拝め。過去世でいかなることをしておろうとも、過去世で仏になるくらいの資格をつくった人の功徳と、同じ功徳をおまえらにくれるぞ」とおっしゃって、御本尊様をお与えくだされたのが、日蓮大聖人様なのです、心配いりません。

日蓮大聖人様の五字七字の御本尊を、三大秘法の御本尊を拝むところにおいて、権迹本【ごん・しゃく・ほん】の仏の因、如是因【にょぜいん】といいますが、そういうものを、われわれにくださっているのです。過去世で謗法をやっていてもいいのです。牢になど連れていきませんし、刑事も引っ張りにきません。前の世にやったことですから。安心して御本尊様を拝めば、大金持ちの種を植えたことになるのですから、安心して金持ちになって、そしてどこかへ遊びに行っていらっしゃい。

 

貧乏の鉄鎖を切る(1)

貧乏の鉄鎖を切る(2)

貧乏の鉄鎖を切る(3)

魔との戦い ~御書三編

貧乏の鉄鎖を切る(4)

貧乏の鉄鎖を切る(5)

貧乏の鉄鎖を切る(6)

貧乏の鉄鎖を切る(7)

 

 

 


貧乏の鉄鎖を切る(7)

戸田城聖先生 質問会集から抜粋
~経済的問題とその答えだけを抜粋しました

楽なところへ就職できるか

[質問] 現在失業中ですが、私の技術は、木工で二十四年の経験をもっていますが、最近やめさせられてしまった。楽にたくさんの給料の取れるところに、就職できるでしょうか。

[答] やめさせられた原因を、よく考え、自分のいやな、また人のいやがるところで、うんと働いてこそ、自分の願いがかなえられるのです。初代の会長は、たえず「東京で満足に生きていくには、一人前だけ働いたのでは、食うや食わずの貧乏暮らししかできない。二人前働いてやっと東京人になれ、三人前以上働いて、妻子を養うことができる」といっておられました。

職業をおろそかにする人は、信心もだめであります。金をうんともうけるには、かせがなくてはだめです。金を取る根本には信心があるのです。ろくに働きもしないなまけ者は、創価学会に必要はありません。

ふとんの行商が思わしくない

[質問] 入信して一年十か月、自分ではしっかりした信心をしているつもりですが、生活がますます、まずくなってきています。商売はふとんの行商をしていますが、どのようにしたらよいでしょうか。

[答] 商売はしっかりやっているのですか。それでは、その貧乏な人の話をすると、こうなのです。その人は、いまのようなことをしょっちゅういってきたのです。そして、しまいには夜逃げをしてしまったのです。その人をそれで私がよく記憶しているのです。一年前に思い出して、その人いったいどうなった、と聞いたのです。ところが、家を建てて電話ひいているのです。おどろきました。絶対に、そんなふうになりそうもない人だったのです。ところが、しょっちゅうきて、いまのようなことをいっていたのです。「信心はきちんとやっています。折伏もしています。商売がうまくありません。御本尊が悪いのでしょうか」といっていた。それが、六年か七年目に、私が聞いたときには、きちんと成功しているのです。これは、いつも申しますように、なかなか時間がかかるのです。

なぜかと申しますと、南無妙法蓮華経という、ほんとうの御本尊様を、われわれが受けたということは、われわれの心田に仏種を植えたことなのです。いわゆる下種、種を植えたのだから下種というのです。これだけの畠【はたけ】に、一つの種を植えたのです。その種が、育って大きい木になれば、今度は、実が年に百なら百なるとします。果物が一つ十万円で売れるとします。百売れて、十万円なら一千万円です。そういう大木を植えたのです。心田にまだ実はならない、その時にどうします。大きくなるまで、草をとったり、あるいは水をやったり、肥料をやったりするのがあたりまえでしょう。

そこでわれわれの田や畠を梵天帝釈(ぼんてんたいしゃく)をはじめぜんぶが守るのです。経済難などに絶対させるはずがないのです。そうして、今度はだんだんと守っていくのですから、だんだんとこの芽が育っていって、木の実がなるというふうになりますれば、願わずとも、金はでてくるのです。そうなるまで待つ以外にないのです。その間は、梵天帝釈は守りますから、暮らすだけのことができないわけはありません。身延ではあるまいし、そんな御本尊を私はすすめません。

それはなにかおかしなことがあるのです。私はあなたの信心を信じてはいません。そんなばかなことがあるものですか。一年十か月も信心して、どうにもならなくて、どうしましょうかなどと泣きごとをいうような御本尊様を渡してはありません。信心の仕方が違っているのです。

早くいえば、班長だとか、地区部長だとか、組長だとかいう者の批判をしたり、あるいはいろいろなことをいったりしているか、さもなければ、しっかり御本尊様を拝んでないか、商売をしっかりしていないかなのです。そんな御本尊様をあなた方に渡してはおりません。自分でよく反省してごらんなさい。一年十か月も信心して、梵天帝釈が来てたすけないような御本尊様は、絶対渡してはありません。

 

 


勝利で迎えた夏

先生が「黄金の三年」と言われた大事な広布の節目の時を、お陰様で大勝利で飾ることができてから、早1カ月が過ぎました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。今年も気付けば、とっくに折り返し点を過ぎ、残り4カ月半しかありませんね。ここでいま一度、今回の法戦の自己の振り返りを行ない、後半戦に向けスタートを切っていきたいと思います。

今回の法戦では、今までと明らかに異なること、追加で行なっていたことが幾つかありました。それは次の4点です。

①交流(兵庫県へは初。札幌へは2回。近隣の市町村など
②新聞の週3回の配達
③母(父)を同乗させての交流
④協力を取り付けた友人の自己目標170人の達成

兵庫交流についての概要はこちらをご覧ください →兵庫交流

聖教配達は3カ月の短期間などなら負担はそうでもないかもしれませんが、長期になると配っても配っても次の配達の日が来る感じで、なかなか大変です。とは言っても、もう1年にもなると配達が生活の一部となってきましたし、心身の健康のためにもなり、功徳やメリットが多いです。常に「明日は配達だ」との意識がありますし、決して穴は開けられませんので、法戦の他いろいろな戦いの中でも、疲れを溜めない工夫を心がけるようになったと思います。やっと1年から進級となったばかりですから、まだまだこれからと気を引き締めております。配達をやり切りながら法戦を戦い切ったことは、1つの小さな自信になりました。

次に、両親を乗せての交流は、もうだいぶ高齢でもあるので、自分が足になってあげれば、親も動きやすいだろうし、こちらも心配する必要がなくなるとの理由からです。回数にして4~5回ほどに分けて、合計15軒以上の親の友人知人宅を車で訪問して回りました。信心歴の長い親の人徳ゆえでしょうか、ほとんどの訪問先で上がらせて頂きじっくり対話することができました。

こうして自分らしく法戦を戦い切った功徳としか考えられないのですが、不思議にも選挙が終わった次の日から、仕事がたくさん入ってきて、この1カ月忙しい日々を送っていました。それも毎日2時間の唱題を持続しながら、配達もやり切りながら、楽しく仕事もこなしています。売上が確実にアップしています。

叶ひ叶はぬは御信心により候べし全く日蓮がとがにあらず、
水すめば月うつる風ふけば木ゆるぐごとく
みなの御心は水のごとし信のよは(弱)きはにご(濁)るがごとし、
信心の・いさぎよきはす(澄)めるがごとし、
木は道理のごとし・風のゆるがすは経文をよむがごとしと・をぼしめせ
(御書p.1262)

この御書を通して池田先生は次のようにご指導されています。
御本尊に自行化他の題目を唱え、御書根本に戦うならば、「教主釈尊をうごかし奉れば・ゆるがぬ草木やあるべき」(p.1187)と仰せの如く、願った通りに功徳爛漫の勝利の人生を開いていけるのです。
「一切は祈りから始まる」——いつ、いかなる時も、私たちは、強盛な祈り、潔【いさぎよ】い信心、誓願の題目で、生き生きと出発していきたい。ここが「絶対勝利の信心」の要諦です。
(大白蓮華2016-7月号p.32)

父親の要介護度が上がったり、シルバーデイケアでの問題、自分のこれからの人生の様々な目標の達成など、まだ当然 悩みもありますが、決して絶望することなく希望が打ち勝っていけている状態です。これこそ最大の功徳であり、幸福と言えるのかもしれません。御本尊様と先生、創価学会に感謝致します。本当に有難うございます。この充実感と喜びを発条【ばね】にして、人を救う地湧の使命を、後半戦も果たし切っていきます。

(H28.9.21修正しました)

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村


法戦の大功徳

東大阪のヒデさんから、嬉しくも感動的な便りがありましたので、ご本人の了解を得て紹介させて頂きます。


[メッセージ本文]

ご無沙汰しております。
今回、法戦の前に苦難が自身を襲い、その都度、創価学会のおっさん等にコメントさせていただきおっさん並びに真実を語るのちよさんに激励をいただきました。皆さんにお答えするには、いささか長くなりますので、こちらのメッセージをお借りしたいと思います。

まず、一昨年から、自営独立し、昨年には1千万遍のお題目をあげ切り、家庭不和も乗り切り、昨年はサラリーマン時代の倍の年収となり、大勝利の一年となりました。今年に入ってからも、1月・2月で昨年の半分の収入を得ることが出来、今年も大勝利の年にと一日200分のお題目に挑戦し、法戦活動にも拍車がかかってきたのですが、3月4月5月6月とまったく契約が出来ず、少し落ち込んでいましたら、86歳になる実母が、膀胱炎をきっかけに、体調を崩し、あれよあれよという間に、意識不明の重体になったのです、その折、おっさんのブログにもコメントさせていただいたのですが、それを見た、元関西長のF副会長や聖教新聞の記者であり哲学者でもある、Tさんにも激励していただき、頑張る決意もしたしだいです。

特にTさんからは、題目をあげたから、元気になりましたではない、生命というのはそんな簡単なことではない、見送ることで得られることはたくさんある、との言葉は非常に重く感じた次第です。しかし、実母の体調は一進一退をくりかえし、長期療養型の病院に転院する運びとなりました。さらに、今度は私にも降りかかってきたのです。2年前から左の奥歯の親知らずが疲れたときに腫れ、何度か抜こうかと思ったのですが、下あごに大きな神経が通っている為、顔面マヒの恐れがある為、だましだまし、していたのですが、実母のこともあり、丑寅勤行にも挑戦し続けた為か、疲れが溜り、左の親知らずが痛み出したのです。

かかりつけの歯医者に行きますと、抜いたほうが良いとのことでしたので、近隣の総合病院で診察したのです、レントゲン・CTを撮りますと、左の親知らずの奥が腐っているとのこと、また、これだけ腐っていると、癌の疑いがある為、病理検査する必要があるとのことなのです。

手術しても、神経が近く、麻痺が残るかも知れないとのこと、正式病名は骨髄炎です、さすがに動揺しました。こんなに頑張っているのになぜ、毎日欠かさず200分の題目をあげているのになぜ、その時、佐渡御書の一節があたまをよぎりました。

「此八種は尽未来際が間一づつこそ現ずべかりしを日蓮つよく法華経の敵を責るによて一時に聚【あつま】り起せるなり
譬ば民の郷郡なんどにあるにはいかなる利銭を地頭等におほせたれどもいたくせめず年年にのべゆくその所を出る時に競起【きそいおこる】が如し
これ護法の功徳力に由【よ】る故なり等は是なり」

そうか、境涯がいっぺんに変わるときだからこそ、色々出てくるのだ、魔を呼び寄せれたのだと。私は座談会で決意し、皆さんに発表しました、婦人部が題目をあげてくれました。

二時間半に及ぶ全身麻酔による手術が行われました。

案の定、左の親知らずの奥歯の下は腐っており、手の親指ぐらいの親知らずは、半ば黒く石化していました、又、神経の周りも腐っており、丁寧に神経周りも切除していただいたのですが、執刀医が手術後、必ず麻痺は残りますとのことでした、さらに右側もやばいとのことでしたので、右の下あごの親知らずも抜きましたので、絶対ひどく腫れるとも言われてました。

結果、まったく麻痺は残らず、まったく腫れず、まったく痛まず、病理検査も良性であり、癌の疑いもなく、本当に大功徳をいただきました、特に、持病の糖尿病がある為、まったく腫れないのは、ありえないとのことなのです、執刀医も家族(特に妻)も不思議がっていました。

加えて、意識不明であった実母も意識がもどり、期日前投票を病院で行うことが出来、涙を流してリハビリに励むようになったのです、さらに、6月21日に入院し、23日に手術をし26日に退院したのですが、30日に大きな新規契約を結ぶことが出来、昨年並みの利益が確保できたのです。

そうなんです、仕事の事・実母のこと・私の病気のことの3つの苦難がいっぺんに解決したのです。

もちろん、地区の座談会でも発表させていただき、皆さんにもよろこんでいただきました。ただ、よからんは不思議、悪からんは一定と思えでしょうか、その後、実母がまた意識を失い、胃ろうになることがきまり、私の仕事も、前から決まっていた契約ごとが延期になったりと、なかなか思うようにはいきません。

しかし、実母のことは、Tさんに指導を受けたように、題目あげたから治ったということでなく、見送ることで何かつかめればと、いまさらながら、Tさんの言葉をかみしめております。仕事のことに関しましても、どこか油断があった為だと反省し、法華経の兵法で乗り切っていきます。長々と書き連ねてしまい、乱文、ご容赦願います。

 

ご投票宜しくお願いします↓にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村