君が信念 情熱を、仏はじっとみているぞ

「友よ強く」  山本伸一作詞

友よ強く雄々しく立てよ
僕が信ずる君が心を
苦しき仕事 深夜の勉強
これも修行ぞ 苦は楽し
君が信念 情熱を
仏は じっとみているぞ

友よ負けるな希望を高く
僕が信ずる君が心を
努力 努力 また努力
あの日の誓い忘れるな
君の意気と若さとで
断じて進め あくまでも

友よ忘るな微笑を
僕が信ずる君が心を
清らかに 夢みつつ 進みゆく
君が心の美しさ
ああ わが友よ強く
君が友よ

 

 

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


宇宙ステーション/先生の童話

最初の動画は、国際宇宙ステーションISSから見える、地球のライブ映像です。ライブですから、現在の地球の様子がリアルタイムで送られて来ます。

 

 

2つめの動画は、池田先生の創作童話の外国語吹き替えのアニメから邦題『二人の王子さま』です。

 

次のリンクから全ての童話を、英語、スペイン語、広東語、中文版で見ることができます。

→池田先生の創作童話 外国語版アニメ

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村


10時間唱題(3)

今日は池田先生の米寿(=88歳)のお誕生日です。おめでとうございます。毎年この日は、自分として恒例の、10時間唱題を2日間がかりで行なっています。今日は7時間できましたので、明日3時間行なって合計10時間達成となります。

人間として受けている様々な恩の中で、「師匠の恩」は根本かつ最も重要な恩です。「師の恩に自分らしく恩返ししていける1年にしよう」との一念で1日目取り組みました。これだけの時間を上げると、自分の広布の目標、仕事や生活の目標、世界・日本のこと、あれもこれも一通りじっくり祈ることができていいですね。ここで、題目の重要性をご指南された御書を拝読しましょう。

南無妙法蓮華経とばかり唱へて仏になるべき事
尤(もっと)も大切なり、
信心の厚薄によるべきなり
仏法の根本は信を以(もっ)て源とす
(日女御前御返事p.1244)

所詮・妙法蓮華経の五字をば
当時の人人は名と計(ばか)りと思へり、
さにては候はず体なり
体とは心にて候、
(中略)
妙法蓮華経と申すは文にあらず義にあらず
一経の心なりと釈せられて候、

されば題目をはなれて
法華経の心を尋ぬる者は
猿(さる)をはなれて肝(きも)をたづねし
はかなき亀なり、

山林をすてて
菓を大海の辺(ほとり)にもとめし
猿猴(えんこう)なり、
はかなしはかなし。
(曾谷入道殿御返事p.1059)

題目は妙法の体であり心であるとの仰せです。ゆえに題目を離れて法華経の心を尋ねる者は、自分が得ようとしているものを、全く見当違いの場所や対象に求めるのと同じである。どれだけ苦労して求めても、得られる道理がなく、ただの徒労【とろう】に終わってしまうのである。創価の御本尊を信じて唱える題目こそ、遠回りのように見えて実は最も近道なのであり、所願満足の人生を生ききる直道なのである。

時間が許す方は、約5年前に書いた次の記事もお読みください。パスワードは創立100周年の西暦年数字4桁のみ入力してください。

→万人に開かれた仏法

今年も戦います!! 皆さま今年も、ご指導ご鞭撻宜しくお願いします。

(平成28.1.3追伸)
たった今、二日目3時間完遂し、10時間達成しました。
今年も最高のスタートがきれました。

(平成28.1.4加筆・修正しました)

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


SGIの日記念提言

25日振りの記事となりました。
過日、39回目の記念提言 『地球革命へ価値創造の万波を』 が聖教に掲載されました。

毎年、世界の過去・現在・未来を俯瞰(ふかん)し山積する問題群から、マクロとミクロの両視点から優先課題を考察し、池田SGI会長が解決策の具体的提案をされています。

その時々の世界で問題となっていること、新しい取り組みや概念、など、理解するには難易度も高いですが、知的好奇心の満足に終わらない大変勉強になる内容です。

かつて記念提言について、先生は「わざと難しくかいてあるんだよ」と仰ったそうです。
それは外国や国内の主に知識人・指導者たちを対象とした論文・提言であるからだそうです。
幸いにも自分は教育を受け、理解する能力を授かったのだから、毎年読ませて頂こう、と決意してもう20年は優に過ぎたと思います。

なかなか未だ、読むのが精一杯で、自分の行動で提言の一端でもお手伝いし、貢献していく所までゆきません。

Think globally, act locally.
シンク・グローバリー  アクト・ローカリー
「地球規模で考え、足元から行動せよ」
との箴言(しんげん)にもあるように、今自分が居る場所から行動 ――それは1つの小さく見える行動かもしれませんが―― を起こしていくことが大事です。
それが遠回りに見えて最も近道であり確実な、世界を変え世界を良くする一歩一歩なのですね。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


表彰して頂きました

この度、地区の皆さんを代表して「広布の誉れ賞」を頂くことができました。
創立記念日の日付となっております。

池田先生と原田会長の記名がありますので、本部からの表彰であり初めての経験です。
サイズもB4とひとサイズ大きく、これも初めてです。

青年部時代から数多くの表彰、記念品、袱紗【ふくさ】、激励の品を頂いてきました。
主なものを列記しますと、次のようになります。

「二十一世紀使命会 押印」
「福智無量 押印」 ’96年5月
「未来部育成貢献賞」 ’99年12月北海道青年部
「牙城会ビクトリー賞」 ’02年12月青年部
「威風堂々 広布誓願 押印」 ’13年10月

先生から賜った和歌はつぎの2つです。
(池田大作用箋にお認めです)

青春の
  王冠おくらむ
偉大なる
   創価の大城
 守りし王子に
(初めての本流をしたときに頂きました)

堂々と
  広布の前進
     ある陰に
おお 牙城会の
    凛々しき姿が
          合掌

こうしてみてくると、私のようないち会員にまで、節目節目でいかに先生に見守られ、讃えて頂き、励ましを頂いてきたか、ただただ驚きと感謝の念にたえません。
ここまで半生を振り返って、自分らしく金の歴史を刻んで来れたことに、歓喜の念を禁じ得ません。

この慶びを発条【ばね】に、まずは18日までの完走、下半期総仕上げから明年「世界広布新時代 開幕の年」に向け、新たなる出発をしていきます。
真の意味で、先生に喜んで頂ける戦いができる自分へ、一歩も二歩も成長していきます。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村