勝ってこそ歴史は作られる

27年前にわが町を初来訪された池田先生が、勤行会でスピーチされたご指導を、一部抜粋して紹介します。

 

 

勝ってこそ歴史は作られる

”仏法は勝負”であり、「勝つ」ことが正法の証明となる。また、勝ってこそ新しい「歴史」はつくられる。負け戦では道は開けない。負けることは、みじめである。都落ちし、壇ノ浦へと転落していく平家の哀れさ、悲惨さ。清盛なく、重盛【しげもり】なく、一族の柱を失ったあとで、だれも「勝てる将」がいない。そうした状況を描いた、あるドラマでは、一人の母親が、息子のふがいなさに、「お前をこんなに勇気のない人間に育てた覚えはない」と嘆くシーンもあった。しかし嘆いても、取り返しがつかない。

「勝つ」ことが、自分のみならず、一家・一族、周囲の幸福につながる。広布の前進においても、大法のため、大切な仏子のために、何としても勝ち抜いていかねばならない。火花を散らすような峻厳なる攻防戦を勝利せずして、どんなに活躍している格好を見せても、もはや遊戯にすぎない。「進んでいる」のではなく「踊っている」だけである。特に青年部に、このことを強く言っておきたい。生まれてきた以上、何の歴史も残さないで死んでいくのでは、寂しい。どうか皆さま方は、自分としての何らかの「勝利の実証」を、この人生で、晴れやかに、誇らかに示していっていただきたい。

永遠の金字塔を

もちろん「勝利」といっても、人生には、さまざまな段階がある。また、今は、苦闘のさなかの方もいらっしゃるにちがいない。それでよいのである。大切なのは「最後に勝つ」ことである。そのために、信心を貫くことである。野球も9回まである。途中までは、さまざまな明暗のドラマがある。途中の回まで、どんな姿であっても、9回の裏を終わった時にどうかが、すべてである。学校も小学校、中学校、高校、大学とある。途中までの成績も大切かもしれないが、やはり大学を卒業した時点での実力が、学びの時代の総決算となる。

そして私どもにとって、「最後の勝利」とは、一生成仏であり、広宣流布である。悪世での正法流布を誓って生まれた久遠の同志、御本仏の仏子の軍勢が、どこまで進むことができるか。我が地域に、どこまで妙法の不落の砦を築くかの戦いである。個人も、団体も、国家の盛衰も長い目で見なければわからない。そして私たちは、常に最終の勝利のために、根本の「勝つ原因」を日々、つくっているのである。ゆえに、私どもにとっては途中の一切が「幸福のこやし」になる。何ひとつ無駄はない。妙法は円教であり、「闕減(けつげん=欠けるところ)」がないのである。このことを確信していくのが信心の信心たる証である。

――抜粋ここまで――

 

ちょうどこの時、自分は初の折伏を決めた後に、職場でのいじめを受けたこと等により体調を崩し、帰郷後、遠方の病院に入院を余儀なくされていました。病院内で取っていた聖教で先生の御来苫を知りました。実は、神奈川から北海道へUターンする時に、私が折伏した友人から、「レオさんは、まるで都落ちですね」と言われたこともありました。理解されない悲しさが一瞬心に浮かびましたが、誰が何を言おうと断じて負けない! との強い思いだけはありました。私が難を受けたことにより、創価の道を歩み始めた友人も、難の余波をかぶることになり複雑な思いをさせたかもしれません。

ともかく、この時、人生最大のピンチにあった自分でしたが、このご指導を読んで、あたかも自分に頂いたご指導のような感を強くしました。例え、こと細かく自分のことを報告する人が1人もいなくても、「先生はすべて解ってくださっている」との感動を深くしました。ある意味、ここから我が人生の反転攻勢が始まる起点となりました。今に至るまで、度々、拝読し直して心に刻んでいます。人生の苦難に直面し、あまりにも孤独な戦いを強いられる時もあるかもしれない。しかしどんなに孤軍奮闘の渦中であったとしても、先生の一念に包まれて戦えていることを忘れてならないのです。

 

 

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村


乞眼の婆羅門(2)

その前提の上で、「怒りは善悪に通じる」と ある通り、悪に対して見て見ぬふりをし何も言えない「お人よし」であってはいけません。勇気を出して悪を責め、糺【ただ】していくべきです。ですから「乞 眼の婆羅門」に対して、その卑劣な心を責め、注意すべきなのは当然です。相手は魔王が入其身【にゅうごしん】していますので、素直に聞いて反省することは ないでしょう。悪びれずに悪態をついてくるかもしれませんが、その悪心を糾弾するだけでなく、法を説いて諭【さと】すことさえ可能かもしれません。

さらに大事なことは「これは魔王の謀【たばか】りではないのか! 決して負けてはならぬ!」という、魔を魔と見抜く透徹した信心の眼を持つことです。常に油断と慢心を排し、信心を研ぎ澄ませていないと、魔を見抜くことはできません。強盛な信力はもちろん、魔を見破り乗り越えるための行力、そして教学力も必要でしょう。

もう一点は、「乞眼の婆羅門の責め」のようないざという「まことの時」に、負けないで乗り越えられる信心を培うためには、何もない普段にどれだけ信心の戦いができるかが大事です。常日ごろの愚直なまでの積み重ねが、いざという時に自分を守る結果として現れ、試練を乗り越える原動力となるのです。

最後に挙げたいのは、どこまでも師を求める心が、自分の信心を正道から踏み外させない防波堤となるのです。「乞眼の婆羅門の責め」に匹敵するようなことが自分の身に起きた時に、弱き自分の心に随ってしまえば、信心を貫くことは不可能です。こういう同じことに遭遇したら、「師匠であればどうされるだろうか」ということを、常に追究していく姿勢が大事です。

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


乞眼の婆羅門(1)

舎利弗が過去世で菩薩の修行をしていた時、婆羅門【バラモン】に眼が欲しいと乞【こ】われ、眼を差し出します。それを受け取った婆羅門は、「臭い! こんなものはこうしてやる!」と言ってツバを吐き掛け路上に投げ捨てたのです。

これに激怒した過去世の舎利弗は、「何という救いがたい人間だ」といって、菩薩の修行から退転してしまいます。せっかくそれまで長い期間積み重ねた努力も功徳も、水の泡となってしまったのです。

実は、「このまま見過ごしてしまったら成仏してしまう」と思っ第六天の魔王が、婆羅門の姿を借りて、舎利弗を退転させようとしたのでした。まんまと魔王の企みに騙された舎利弗は、せっかくの仏になれるチャンスを逃してしまうことになりました。

以上が「乞眼の婆羅門」の説話のあらましです。この話は一見、私たちとはかけ離れた、遠い世界のことのように思われますが、実は信心の途上で似たようなことに遭遇することがあります。「自分はこんなに努力しているのに、なぜ分かってくれないんだ!」 或いは、「こんなに頑張っているのに、なぜ報われないんだろう」 と思う時がありませんか。

そういう時は次元の差こそあれ、ある意味で、舎利弗が婆羅門に対して眼を差し出したのと同じと言えないでしょうか。不遇や不満を嘆いて、もし信心から退転してしまえば、乞眼の婆羅門の責めに堪【た】えられなかった舎利弗と同じになってしまうのです。

では一体どうすればよいのでしょう。舎利弗は乞眼の婆羅門の責めに対して、信心でどう捉え、どう行動するのが正しかったのでしょうか。自分なりにこのことについて考察してみます。

いかなる仕打ちを受けようとも、舎利弗は激怒した余り信心を見失ってはならなかったのです。婆羅門が自分の眼を道に捨てたのを見た時に、「これで過去からの重い1つの宿業が、また切ることができた。何と有難いことか」と、御本尊に感謝し、一段と深い決意と実践に踏み出していくべきだったのです。どこまでも忍辱の鎧【よろい】を着て、難を乗り越えていくのが正しい信心だからです。

ただし、我々末法の凡夫には、それは余りにも困難な選択かもしれません。であるなら、そういう場面に遭遇したなら、許されるならすぐに帰宅するなりして、御本尊の前に行き、心ゆくまで題目を上げるのです。そして徹して学会活動をするのです。「自分を苛めてくるような人、困らせてくる人にこそ、その人のため題目を送りなさい」(趣意)と先生は仰っています。そうすれば落ち着いて自分を見つめ直すことができます。怒りに我を忘れて、信心を退転してしまう自己の愚かさを、克明に悟ることができるからです。

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


本因妙の仏法(2)

「本果妙」とは、仏が結果として得た素晴らしい姿を見せて、衆生に仏法を求める渇仰【かつごう】の心を起こさせるのである。
「あなた達も仏道修行に励むことによって、このような仏の身を得ることができるのですよ」
と、我が身で示している。

三十二相八十種好と呼ばれる色相荘厳【しきそうそうごん】の仏の姿は、現代的に言えば、あらゆる人間的魅力、人格力、財力、名声など、ありとあらゆる宝を備えた姿と言えよう。

釈尊から過去世に下種を受けていた、在世の衆生はそれで良かった。
本果妙の仏に接し、本果妙の仏法を素直に行じて、成仏することができた。
しかし末法の衆生はそうはいかない。

三毒強盛で生命が濁り切っている、すなわち根性がねじくれ返っている、末法の衆生は(もちろんかく言う私自身も含まれます)素晴らしいものを見ても素晴らしいと言えない命の衆生です。
偉大な存在も素直に偉大と捉えることができません。
色相荘厳の仏が出現しても、1人も救えない法滅の時代なのです。

そこで「本因妙」の大聖人の仏法が、赫々たる太陽のように光を放ち、全ての衆生と時代に瀰漫【びまん】する生命の闇を照らし晴らす時が今なのです。
では「本因妙」とはいったい何なのでしょう。

それは仏になる根本の因を、自らが実践することです。
自分が行ずるだけでなく、他の人々も実践していくよう、触発し勧めていくことです。
そのためには、自他の生命に具わる仏界の生命への、強盛なる「信」を、どこまでも奮い起こしていかねば、本当の「本因妙」とはならない。
視点を変えて、信仰体験からこのことを考えてみましょう。

草創から戦ってきた学会員に話を伺うと、次のような体験をよく聞きます。
「昔は折伏に行って、罵声を浴びたり、塩を撒かれたり、よくしたものです」

次のような心ない言葉を浴びせられたのも、日常茶飯だったそうです。
「あんたが幸せになったら話を聞いてやる。その時にまた出直して来い」
「あんたやあんたの子供の病気が治ったら、その仏法の話を聞こうじゃないか」
「あんたが金持ちになったら話を聞いてやるから、またその時に出直して来い」等々…。

帰りは帰りで電車賃が無く、線路沿いに学会歌を歌いながら夜通し歩いて帰宅したそうです。
(私も初めての折伏をした前後に、これらと似たような体験をしました)

こうした辱【はずかし】めにも少しも怯【ひる】まず、地涌の使命に燃えて大折伏を貫いていったのが、草創期の学会の実践だったのです。
この学会の折伏の大行進こそ、ガンジーの塩の行進やアメリカ公民権運動のバスボイコット運動、吉田松陰の草莽崛起【そうもうくっき】にも、優るとも劣らない、後世の人々が仰ぎ見る草の根の大運動なのです。

こうした「本因」を生命に刻んだ草創からの闘士が、晩年になっていよいよ福々しく年も若々しく、50人、100人という孫や家族に囲まれた、一家和楽、所願満足の実証を示しているのは、皆さんご存知の通りです。

私も「いよいよこれから」との本因妙の信心を赤々とたぎらせて前進していきます。

→本因妙の仏法(1)

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村