夕張炭労事件55周年(2)

2.夕張炭労事件について

(以下は、随筆・新・人間革命にからの文章です)

1957年(昭和32年)の6月のことである。

事件は、炭鉱の街・北海道夕張で起こった。
前年の7月に行われた参議院選挙で、夕張炭鉱の学会員が、学会推薦の候補者を推(お)したところから、炭労(炭鉱労働組合)は、「統制を乱した」として、学会員の締め出しを図り、公式にも”対決”を決議したのだ。
いわゆる「夕張炭労事件」である。

当時、炭労といえば、「泣く子と炭労には勝てない」といわれるほど、組合員に対しては、絶大な権力を誇っていた。
それまでにも、何人もの同志が、事務所に呼び出され、「信心をやめなければ、組合をやめてもらう」と、迫られた。組合を除名になることは、そのまま、失職を意味していた。
学会員というだけで、村八分同然の仕打ちを受けた。
親ばかりでなく、子供までもが除け者(よけもの)にされた。
悪質なビラが、電柱や家の壁に張られた。有線放送でも非難・中傷が流された。
労働者の権利を守る組合が、「信教の自由」を侵(おか)し、人権を踏み躙(にじ)るという、転倒であり、卑劣なる暴挙であった。

私たちは、激怒した。
そして立ち上がった。
”愛する同志を、断固として守ろう! 断じて勝ってみせる!”と。

6月28日、若き獅子は、北海道に飛んだ。
先生のお体の衰弱は、既に甚だしく、私は、師に代わって、いっさいの学会の責任を担う”船長”の立場にいた。

既成の権力が、非道な弾圧を仕掛けるなら、われらは正義の旗のもとに立ち上がる!
不屈の勇気を燃え上がらせる!
私は、信仰に励む健気な庶民の家々を駆け巡り、訴え抜いた。

「同志よ、共に戦おう!」
「絶対に、負けてはならぬ!」

6月30日東京で結成されたばかりの学生部諸君が後に続くことを信じ、「札幌大会」と「夕張大会」が行われた北の天地で、炭労への抗議の矢を放ち、決然として宣言した。
「わが学会は、日本の潮(うしお)であり、その叫びは、獅子王の叫びである!」と。

やがて炭労側は、学会員を排除しようとする闘争方針を改めていくことになる。
民衆の真実の団結と雄叫びが、傲慢な弾圧を打ち破ったのである。
御聖訓には、「始めは事なきやうにて終(つい)にほろびざるは候はず」(御書1190p)と。
強大な力をもった炭労も、やがて衰え、時代の表舞台から去っていった。



大阪府警から、私に出頭の要請が来たのは、この北海道の激戦のさなかであった。
四月に行われた参院大阪地方区の補欠選挙で、一部の会員のなかから選挙違反の容疑者が出たことから、支援活動の最高責任者であった私に、出頭せよというのである。
そこには、創価学会という新しき民衆運動を恐れ、打ち砕こうと動き始めた、国家権力のどす黒い意図があったことはいうまでもない。

蓮祖は仰せである。
「願くは我が弟子等は師子王の子となりて群狐に笑わるる事なかれ」(同1589p)と。
われらは、背信の輩(やから)が勝ち誇るような時代を、断固、変えねばならぬ。
無名の庶民の真の英雄たちが、人生の勝利の賛歌を、高らかに謳い上げていける時代をつくらねばならぬ。
そのためには、何ものにも、臆せず、動ぜず、忍耐強く、断じて戦い抜くことだ!

※出典
1) 人間革命 第11巻 夕張の章
2) 随筆・新人間革命
3) 北海道広布40年史

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


夕張炭労事件55周年(1)





1.熊隊について

夕張地区発展の大きな力として「熊隊」と言われるグループがあった。
中心メンバーは夕張の壮年、婦人、男子、女子の中から選抜して編成され、地方へも、どしどし出かけて活発な指導とともに折伏活動を実践した。

「熊隊」には司令がいて、一つの企画、日程が決定すると、司令は隊員に召集をかけた。
しかし、電話のある家はほぼゼロに等しかったため、連絡はもっぱら青年部員の足によった。
この「熊伝」と言われた青年たちは、いっせいに熊隊の隊員宅に手分けして周り、「召集令状」と言われた縦12、幅4センチほどの紙片を置いて行く。
それには、ただ「○月○日○時集合」とだけ書かれ、丸に「熊」の朱印が押されていて、隊員は仕事から帰ってこの令状を発見し、指定の時間に司令の家に集合するといった具合であった。
戦時中の召集令状は人を殺すためであったが、熊隊の「召集令状」は、人々を蘇生させ、真に平和な世界を現出するための令状であった。

北海道は熊の名所だけあって、折伏隊にまで熊の名を冠したのである。
熊隊の機能は、隊員それぞれの得手、不得手によって分かれていた。
――まず何度折伏に行っても埒【らち】のあかない手ごわい人のところには、折伏に熟達した人々が向けられた。この隊員を「熊特」【くまとく】と言った。
また退転しかかった人や新入信者の所へ指導に行ったり、またこの頃始まった組合の圧力に怯【おび】えている人々を激励して、学会活動に復帰させることを使命とする隊員を「熊指」【くまし】と言った。
折伏を行ずる本隊の隊員を「熊折」【くましゃく】と言い、深く潜行して折伏を進める隊員を「熊潜」【くません】と言った。
これらの隊員の緊密な連絡に活躍する青年が「熊伝」【くまでん】であった。

この熊隊を中心にして、夕張の会員たちは休日を利用して周辺の町に出かけた。
時には数十人の会員が朝早く駅に集合して汽車に乗り込み、4、5人のグループに分かれて、まるで「落下傘部隊」のように、各駅に到着するごとに順々に降りていって、その町で折伏を行ずる。

参加メンバーは、たまの休日をさいての弘教活動を生きがいとしている人々であった。
眠い顔をした人もいれば、握り飯をたくさん作って持ってきた女子部員や、汽車賃に小遣いをためて参加した婦人部員もいた。
しわだらけの服に折伏経典と聖教新聞を握りしめている青年、グループ分けに心をくばる年配者など、決して豊かな服装をした者は一人としていなかったが、互いの朝のあいさつは極めて元気よく、遠足に向かう小学生のようにはしゃいでいた。

丸一日活動した各グループは、帰りは終列車と決まっていた。
朝とは反対に、駅ごとに乗り込んでくる隊員たちで、列車の中は、駅ごとに大変な賑わいになる。
一日の戦果が問題となった。
「どうだった?」
「やった、やった。ずいぶん手強い相手だったけれど、最後にはよくわかって、涙を流しながら謗法払いをやりました。神札がたいへんだった」

聞く方も、話す方も嬉しいのである。
一人、また一人と、その人を宿命のカセから救うということが、こんなにも深い歓喜を起こすものだとは、思わなかった。
彼らの暗い日常の中にあっては、唯一の手ごたえのある生きがいであった。

「熊隊」を中心に、弘教戦線はみるみる拡大し、北海道全域に広がっていった。
この夕張の地に一粒種から始まった地涌の陣列は、5年を経ずして2500世帯を突破していたのである。
それだけに、夕張地区に襲いかかった魔も大きかったと言わなければならない。
当時の夕張の人々が好んで口にした「行解すでに勤めぬれば、三障四魔紛然として競い起る」の通り、炭労事件という障魔の火種が、この山中にさかっていたのである。

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村