勝ってこそ歴史は作られる

27年前にわが町を初来訪された池田先生が、勤行会でスピーチされたご指導を、一部抜粋して紹介します。

 

 

勝ってこそ歴史は作られる

”仏法は勝負”であり、「勝つ」ことが正法の証明となる。また、勝ってこそ新しい「歴史」はつくられる。負け戦では道は開けない。負けることは、みじめである。都落ちし、壇ノ浦へと転落していく平家の哀れさ、悲惨さ。清盛なく、重盛【しげもり】なく、一族の柱を失ったあとで、だれも「勝てる将」がいない。そうした状況を描いた、あるドラマでは、一人の母親が、息子のふがいなさに、「お前をこんなに勇気のない人間に育てた覚えはない」と嘆くシーンもあった。しかし嘆いても、取り返しがつかない。

「勝つ」ことが、自分のみならず、一家・一族、周囲の幸福につながる。広布の前進においても、大法のため、大切な仏子のために、何としても勝ち抜いていかねばならない。火花を散らすような峻厳なる攻防戦を勝利せずして、どんなに活躍している格好を見せても、もはや遊戯にすぎない。「進んでいる」のではなく「踊っている」だけである。特に青年部に、このことを強く言っておきたい。生まれてきた以上、何の歴史も残さないで死んでいくのでは、寂しい。どうか皆さま方は、自分としての何らかの「勝利の実証」を、この人生で、晴れやかに、誇らかに示していっていただきたい。

永遠の金字塔を

もちろん「勝利」といっても、人生には、さまざまな段階がある。また、今は、苦闘のさなかの方もいらっしゃるにちがいない。それでよいのである。大切なのは「最後に勝つ」ことである。そのために、信心を貫くことである。野球も9回まである。途中までは、さまざまな明暗のドラマがある。途中の回まで、どんな姿であっても、9回の裏を終わった時にどうかが、すべてである。学校も小学校、中学校、高校、大学とある。途中までの成績も大切かもしれないが、やはり大学を卒業した時点での実力が、学びの時代の総決算となる。

そして私どもにとって、「最後の勝利」とは、一生成仏であり、広宣流布である。悪世での正法流布を誓って生まれた久遠の同志、御本仏の仏子の軍勢が、どこまで進むことができるか。我が地域に、どこまで妙法の不落の砦を築くかの戦いである。個人も、団体も、国家の盛衰も長い目で見なければわからない。そして私たちは、常に最終の勝利のために、根本の「勝つ原因」を日々、つくっているのである。ゆえに、私どもにとっては途中の一切が「幸福のこやし」になる。何ひとつ無駄はない。妙法は円教であり、「闕減(けつげん=欠けるところ)」がないのである。このことを確信していくのが信心の信心たる証である。

――抜粋ここまで――

 

ちょうどこの時、自分は初の折伏を決めた後に、職場でのいじめを受けたこと等により体調を崩し、帰郷後、遠方の病院に入院を余儀なくされていました。病院内で取っていた聖教で先生の御来苫を知りました。実は、神奈川から北海道へUターンする時に、私が折伏した友人から、「レオさんは、まるで都落ちですね」と言われたこともありました。理解されない悲しさが一瞬心に浮かびましたが、誰が何を言おうと断じて負けない! との強い思いだけはありました。私が難を受けたことにより、創価の道を歩み始めた友人も、難の余波をかぶることになり複雑な思いをさせたかもしれません。

ともかく、この時、人生最大のピンチにあった自分でしたが、このご指導を読んで、あたかも自分に頂いたご指導のような感を強くしました。例え、こと細かく自分のことを報告する人が1人もいなくても、「先生はすべて解ってくださっている」との感動を深くしました。ある意味、ここから我が人生の反転攻勢が始まる起点となりました。今に至るまで、度々、拝読し直して心に刻んでいます。人生の苦難に直面し、あまりにも孤独な戦いを強いられる時もあるかもしれない。しかしどんなに孤軍奮闘の渦中であったとしても、先生の一念に包まれて戦えていることを忘れてならないのです。

 

 

↓クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村


体験談追加のお知らせ(2)

信仰体験集のページに、新たに埼玉在住の 匿名希望さんの信仰体験を、ご本人の了解を得て追加しました。体験の題名は、
『転んでも転んでも立ち上がる、何があっても負けない心の財(たから)』
です。

東大阪のヒデさんと、ちよさん、私の体験に続いて、4人目です。
閲覧にはパスワード入力が必要ですので、次のページの説明をよく読んで、開いたり保存したりしてください。

→信仰体験集

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村


2~3日が山です

「この2~3日が山です」とは、私の病が悪化した時に家族が呼ばれて、医師から告げられた言葉です。もうかれこれ30年前のことですが、病克服の体験としてこれを外すことはできないとの思いが強いです。本ブログにリンクしている闘病体験に、後日この記事を挿入する予定です。

まだ20歳代半ばの頃、希望通りの会社に就職したのもつかの間、同僚からいじめを受け、精神科の治療を受けることになりました。休日に同僚を訪問し折伏して周ったことが批判を受け、職場で陰湿ないじめを受けたのです。ちょうど同じ頃、学生時代の同級生に折伏が決まり、だからこそ起きた障魔であり、転重軽受のチャンスだと、信心だけは退きませんでした。ここにもう使命はないと会社を辞め、郷里にUターンしました。

郷里に戻って間もなく初めて入院したのですが、順調に良くなり3カ月ほどで退院しました。ところが退院後しばらくして症状が悪化し、歩くこともままならず、食べ物も水さえ吐いてしまい、何も受けつけなくなってしまったのです。意識も朦朧【もうろう】とし自分が自分でないような酷い状態でした。急きょ再入院となり、医師に家族が言われた言葉が「2~3日が山です。医師生活30年間で同じ症状になった人が2人いましたが、2人とも死んでいます」だったのです。

これはただ事ではないと思った母が婦人部幹部の方に指導を受けると、「(息子のために)3時間題目をあげました」という母に幹部さんは、「3時間位なら誰でもあげるのよ。息子が死の淵をさまよっている時なのだから、喉から血が出るほどあげるのよ。今こそ歴史をつくる時です」と指導されたそうです。こうして母の10時間題目と地域の同志の祈りに守られて、一命を取り留めることができたのです。

後で聞いた所によれば「悪性症候群」という薬の重篤な副作用だったそうです。適切な医療処置を受けなければ、数十時間で死に至るそうです。精神疾患は人口約100人当たり1人と言われますが、この悪化は何万人に1人がなるような稀なことだったようです。

振り返ってみれば、辞める辞めないと迷っていた高専を卒業できたのも、創価の御本尊の力であり、願った通りの就職ができたのも、そして今度は死の淵をさまよった病からの生還も、すべて御本尊のお力によるものでした。仕事・希望・お金・目標等あらゆるものを失い、最後は命さえも断とうとした障魔の動きを、死の一歩手前で押し返し打ち破ることができたのは、正に創価の信心の力だったのです。

この世で最も尊い折伏をしたのに、なぜ病で苦しまなければならないのか、と当時はずいぶん悩みもしましたが、今振り返れば、この試練によって我が生命が鍛えに鍛えられたと思います。この時の経験を思い返せば、多少のことでは微動だにしない、強い自分が築かれました。池田先生は次のようにご指導されています。

「広宣流布のために苦しんだことは、全部、仏になるための仏道修行である。何千万倍もの喜びとなり、楽しみとなって返ってくる。これが因果の理法である」

「心にロマンを抱き、理想を持って進めば、広布の戦いは、もっと楽しくなる。足取りも軽く、拡大の戦いもさらに進むだろう。小さな心で、臆病になって、世間を気にしてばかりいる。それは真実の仏法者の生き方ではない」
(飛翔の原点 記念撮影会から 大白蓮華2015-9月号)

こうしたかけがえのない心の財を与えてくれた創価学会と三代の会長に、深く感謝申し上げ、報恩の戦いをしていきます。

(平成28.10.16加筆修正しました)

 

 

ご投票宜しくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へにほんブログ村