通算5000万遍達成

つい先日、唱題通算5000万遍を達成しました。かかった期間としては、昭和60年7月1日から平成31年4月24日までの、約34年間です。常に学会活動に参加し、自分らしく学会指導を求め抜いてきたからこそ、ここまで持続できました。

陰に陽に支えてくださった、全ての方々に深く感謝申し上げます。ここまで大変にありがとうございました。これからもいよいよ勇気ある実践に励み、先生に勝利のご報告をしていきます。ここで池田先生の唱題に関するご指導を紹介します。

唱題で仏界を湧現すれば、いかなる苦難も、波乗りを楽しむが如く乗り越えられる!


●池田先生の講義「敬愛する新会員の宝友へ(3)」 18-10月号大白蓮華

不撓不屈の大生命力を引き出す
日蓮仏法は、何かにすがるような弱々しい信仰ではありません。不撓不屈の信念で希望を引き出すのが、日蓮仏法の祈りです。この仏の智慧と力の源泉が、南無妙法蓮華経の唱題行なのです。大生命力を引き出せるかどうかは、どこまでも信心によるのです。

苦しい時、悲しい時、辛い時には、その気持ちのまま、無心に唱題していけばいいのです。慈父や悲母に思いのたけを打ち明けるように、祈りを重ねていくことです。悩みを祈りに変えていくのです。何よりも、唱題していけば、”絶対に勝ち越えてみせる”との、勇気がふつふつと湧いてくるものです。

すぐには解決しなくとも、やがて「地獄の苦しみぱっときへて」(1000㌻)という時が必ずきます。振り返った時、一番、自らを悩ませている難問が、一番、境涯を躍進させゆく転機となっていることに気がつくでしょう。祈りによって、胸中に使命という歓喜の太陽を昇らせるのです。そして、今世の人生の劇を最高に輝かせていくのです。

(中略)
「一人立つ」とは、自分を尊い存在だと確信し切ることです。自分自身の可能性を信じ、自分自身に生き切る強き人です。「ちかいし願やぶるべからず」(232㌻)と仰せの通り、誓願を貫き通す覚悟が、自他共の人生を無眼に勝ち開きます。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください