歴史的寒波

北海道に歴史的大寒波が到来中です。1枚目の写真は配達中の車外気温計が、最低記録の-18℃を記録しました。本当は短い時間ですが-19℃を記録しましたが、撮影しそびれました。2枚目の画像は気象協会のアプリです。3日連続で最低気温が-16℃を下回る予報です。この画像には無いですが、昨日の最高気温が-10℃という半端でないしばれに見舞われました。

まだ自分は車で配達しているので暖がとれます。しかし、歩いて配達している人は、-20℃近い中に1時間以上もいることになり、手足の指先等が凍傷にならないかと、心配になる位の寒波です。次のリンクは今日、北海道で-30℃を下回ったとの記事です。今日の最低気温第一位は北海道陸別町の-31.8℃でした。

→北海道で氷点下30度を下回った

寒い話が続きましたが、「冬は必ず春となる」との御聖訓にあるように、自身に地域に希望の春を到来させる戦いをしていきます。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください