全国で338人が当選!

2019年4月10日

統一地方選挙の前半戦が4月7日投票日でした。公明党は、有権者1人1人の真剣な思いのこもった信任を頂き、前半戦だけで全国338人が当選しました。北海道も劣勢をはねのけ、終盤で大逆転し18人が全員当選。公明党がいち早く推薦した鈴木直道新知事が誕生。現職知事の中で最年少だそうです。こちら地元市の安藤道議も厳しい条件の中、異体同心の団結で見事大勝利することができました。

これも支持してくださった方々のお力によるものであり、いち支持者として私からも心から感謝申し上げます。誠にありがとうございました。山積する世の中の問題群を前に、解決の道を切り開いていくのは公明だ、とのやむにやまれぬ期待の表れだと痛感します。わずか数票の差で惜敗した地域もありましたが、この悔しさを因として、必ずや新たな常勝不敗の歴史を築いていくと確信しています。

冥の照覧は厳然です。私も今回、自己目標に対し市外・道外18人を含む、合計110人に依頼することができました。さあ、ここで一旦仕切り直しです。選挙は何が起こるか分からないものです。もし油断があれば一夜にして形勢は一転してしまうものです。勝って兜の緒を締めて、可能な限り英気を養いつつ、後半戦も完勝できるよう戦います!

→公明党 党声明

→統一選前半戦 公明、激戦制し大勝利

 

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村