三災七難の根本原因とは(1)

以下は『池田大作全集26巻 ~立正安国論講義』からの抜粋です。

●本書179ページから

(御書27㌻「立正安国論」)
又云く「殺(さつ)に三有り謂(いわ)く下中上なり、下とは蟻子乃至(ぎし・ないし)一切の畜生なり唯(た)だ菩薩の示現生(じげんしょう)の者を除く、下殺(げさつ)の因縁を以て地獄・畜生・餓鬼に堕(だ)して具(つぶさ)に下の苦を受く、何を以ての故に是(こ)の諸の畜生に微善根有り是の故に殺す者は具に罪報を受く、中殺とは凡夫の人より阿那含(あなごん)に至るまで是(これ)を名けて中と為す、是の業因を以て地獄・畜生・餓鬼に堕して具に中の苦を受く・上殺(じょうさつ)とは父母乃至阿羅漢・辟支仏・畢定(ひつじょう)の菩薩なり阿鼻(あび)大地獄の中に堕す、善男子若し能(よ)く一闡提(いっせんだい)を殺すこと有らん者は則(すなわ)ち此(こ)の三種の殺の中に堕せず、善男子彼の諸の婆羅門(ばらもん)等は一切皆是(これ)一闡提なり」[已上]。

(池田先生の講義)

謗法の者を対治【たいじ】せよと仰せられる裏づけとして、謗法者をたとえ殺しても仏法上の罪は受けないことを説く涅槃経の文を引かれている。これは、殺を奨【すす】めるのではなく、謗法の流す害毒がどれほど大きいかを示したものである。

およそ、この経文は、仏教を温かい慈愛の教えぐらいにしか考えていない現代人にとっては、驚天動地【きょうてんどうち】の説法であろう。「これが、あのお釈迦さまの言ったことだろうか」と耳を疑う人もいるかもしれない。そのような人は、まず、自己がこれまでもっていた仏法観が、まったく皮相的であったことを知るべきである。そして仏法のもつ深遠な哲理、力強い指導性を、心を謙虚にして求めるべきである。

すでに、多くの経文を引いて、繰り返し論じられてきたように、邪法、邪義は、三災七難の根本原因となるものである。飢饉、疫病、戦乱、水害、干害【かんがい】、冷害等々の天災や人災によって、死んでいった人々の数は、計り知ることすらできない。すなわち、これらの人命を奪い、民衆の生命力を衰えさせ、国土を荒廃させる張本人こそ、謗法、一闡提【いっせんだい】の僧たちなのである。したがって一闡提を対治【たいじ】することこそ、人々が安心して生活していける社会にしていくための根本であることを、このような表現をもって示されたのである。
(つづく)

 

宜しければクリックしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください