せごどん

もう昨年の話になりましたが、NHK大河ドラマ『せごどん』全47回を感動をもって全て見ました。当初、何かと忙しいこともあり、『せごどん』を丹念に見る予定はありませんでした。西郷隆盛に興味がなかった訳ではないのですが、約50回にも及ぶ大河ドラマを、全部見る余裕なんてとてもだが無いと思っていました。

それが昨年の年頭に参加した会館での会合で、担当幹部の方がたまたま西郷隆盛の大河ドラマについて話をされたのをきっかけにして、興味が強まり、結局全47回を見ることになったのです。幕末の有名な志士たちも多数登場し、幕末から明治にかけて新しい日本をつくっていった青年たちの姿が描かれています。

明治維新を行なった建国の父祖たちの中でも西郷隆盛は、その日の食物にも事欠くような下級武士出身でした。「ただただ民のため、日本国のため」にとの情熱と意志で、様々な葛藤と試練を乗り越えながら、日本の陸軍の創始者として政治家として、新しい日本の礎【いしづえ】を築きます。

原作者が女性ということもあり、女性の視点から織りなされた物語も随所にあり、深い味わいを醸し出しています。もし未だ見てない方がいれば、『せごどん』を見る楽しみが未だ残っているなんて、こんな素晴らしいことはないと思いますよ。

→せごどん第二集

→せごどん第三集

→せごどん第四集

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください